ARCHIVES
CATEGORIES
<< 小料理 夕顔「桃」のこと | main | 春を盛りつける ワークショップのおしらせ >>
てのひらのさき










自分のしらないところで、誰かがおもっていてくれる幸い へ

それから、
続きを書こうかと思った夜ですが なかなか文章にできません










| ひとりごと | - | - |