ARCHIVES
CATEGORIES
<< 夏の台所 | main | 夕涼み >>
木下ときわと夏の晩ごはん




キャトルエピスさんにて行われた
「木下ときわと夏の晩ごはん」、
とても贅沢な時間となりました

ときわさんの歌声には、字の如く心を奪われる
瑞々しく しなやかに、日本語の美しさやメロディーが沁み入ります
そして、キャトルエピスさんの
隅々まで意識の行き届いた空間、心遣い
そのような場で、料理を出させて頂けた事、とても光栄でした

私は、ときわさんの歌声に添うような、4つの献立を用意してゆきました
言葉で言い表せるイメージは、深緑、アジア、古き良き、瑞々しい、しなやか、夏
そこに自分の中に膨らんだ、言葉では難しい(風景のようなもの)をあわせて












お献立、

「 夕顔とグレープフルーツの自家製番茶オイル和え 」
夕顔の実の、清々しく しっとりした食感と、グレープフルーツのほろ苦い酸味を
天日干し無農薬番茶の香りを移したオイルで和えました
香ばしい清涼感が広がります

「 夏南瓜と木の実、ドライトマトのサラダ 」
上品な甘みの夏南瓜と木の実のコク、ドライトマトのフルーツ感を、
素材感を生かしてざっくり混ぜました

「 冬瓜の麦味噌田楽 」
かつを出汁をきかせた煮汁に生姜を浮かべ、
じんわり炊いた冬瓜に、麦味噌の滋味を合わせました

「 枝豆のおこわ 」
枝豆は日本の夏と馴染が深く、古くは奈良時代より食されていた食材です 
その艶やかな緑色と 福与かな甘みを、お出汁で炊いたおこわに散りばめました

・ ・ ・
キャトルエピスさんがこの日用意されていた
果物たっぷりの出来たてクレープが とても美味しかったのは言うまでもなく
(限定メニューの、あんずのタルト も頂きましたが こちらも大変美味でした
30、31日とまた店頭に並ぶそうです
あんずは出回る時期が短い果物ですから この機会は見逃せませぬよ!)



沢山のお客様が集った夏の夜、
私にとって、大きな糧となるような夏の夜でした


皆で乾杯をした、あの時間を忘れません  ありがとうございました!







| 料理のこと | - | - |