ARCHIVES
CATEGORIES
<< 移ろい茶の食事会 2019 | main | 【 月花蜜 】夕顔の茶 / 販売開始 >>
月花蜜の茶席のこと

 

 

 

 

 

 

 

茶屋夕顔「 月花蜜の茶席 」

あれから、早くも一週間が経ちました。

準備期間を含めた当日開催まで、

多くを込めた茶席でしたので、まだまだ濃密のまま今に至ります。

(こうして文章にするまでには、やはり一定の時間がかかります)

 

今回は、夕顔がディレクションをし、

茶葉の選定・合組・生産を茶屋すずわが行う

【 月花蜜 つきはなみつ 】夕顔の茶

お披露目となる茶席でもありました。

 

季節の情景を「香り」「姿」「味わい」「温度」に重ね、料理として表す夕顔ですが、

中でも「香り」というものを最も大切にしています。

想い描く情景と、料理を繋ぐ大きな要素・役割が「香り」なのです。

 

以前より「茶」の持つ香味に強く惹かれていました。

「一服する」という言葉もあるように、

茶を淹れ、味わう時間は「場と気持ちを整え、時の流れを変えるもの」と感じています。

漂う香りには、時空を少し変えるような魔力がある。

 

私の中で、そんな「香りの最たるもの」である茶で、

想い描く情景を表せたら... という願い・希望に応えて下さったのが、

茶所・静岡の地で、100年以上に渡って茶業を営む「茶屋すずわ」さんでした。

 

こうして二人で形にしていった「 月花蜜 」

描いた情景は、

【 月夜の静寂に香る花。花からは、清く甘い蜜が滴る 】

 

花の蜜を想わせる甘味を縁取る、マスカットのような瑞々しく清らかな芳香。

とけあう日本茶の風味。

 

一煎目:上品さ・穏やかさ

二煎目:豊かな馥郁

 

日本茶の新たな提案。

立つ香り(中国茶の持つ要素)の中に

甘味と風味(日本茶の持つ要素)が絶妙なバランスで成り立つお茶です。

 

※月花蜜 茶葉は、

茶屋すずわさん店舗とネットショップにて、お求めいただけます。

夕顔では 催し日を中心に、継続的に販売してゆきます。

 

.

 

今年で4度目の「茶屋 夕顔」では、

この月花蜜をVillage 参加作家の茶器で味わっていただく茶席を作りました。

【 Village 】は、ARTS&CRAFT静岡が主催する、

三島市・楽寿園で年に一度開催される催しです。

「茶屋 夕顔」は、園内にある登録有形文化財・二階建ての数奇屋造り「梅御殿」にて、

Village 参加作家の作品と、夕顔の作るものや情景と、季節を繋ぐ役割を担っています。

 

月花蜜の茶席を、茶器で支えて下さった11名の作家さま。

茶の水色の映える杯をご用意いただきました。

月花蜜のイメージに繋ぐように杯を形作って下さった方もいらして嬉しいかぎり。

河合さんは、杯に合わせた急須と片口を、

石川さんには、杯に合わせた急須をご用意いただきました。

 

<協力作家さま>

河合竜彦さん(急須・片口・茶杯)

石原ゆきえさん(茶杯)

松本美弥子さん(茶杯)

大隅新さん茶杯)

谷井直人さん(茶杯)

荻野善史さん(茶杯)

古谷浩一さん(茶杯)

藤村佳澄さん(茶杯)

北川和喜さん(茶杯)

大堀有崇さん(茶杯)

石川隆児さん(急須・茶杯)

 

.

 

今回の「月花蜜の茶席」の記事を、

ライターの 米澤あす香さん が書いてくれました。

こちらよりご覧いただけます →

茶屋夕顔では、3度目。裏方をサポートしてくれた米澤さんの書く目線。

茶席の流れ・場の空気と臨場感。

文章から参加する茶席、どうぞお愉しみください。

(米澤さんは、

「五味五感の食事会ルポルタージュ」も手がけているのですよ)

 

.

 

最後になってしまいましたが、

月花蜜の茶席へご参加下さいました皆さま、

多くのサポートをして下さった Villageスタッフの皆さま、

茶器のご協力をいただいた作家さま、

 

そして、

ともに【 月花蜜 】を創ってきた 茶屋すずわさん。

 

ありがとうございました。

溢れる感謝とともに

 

 

令和元年 ・ 初夏

夕顔  藤間夕香

 

.

 

「 月花蜜の茶席のこと 」

撮影:大野写真研究室

 

.

| - | - | - |