ARCHIVES
CATEGORIES
<< 「 五味五感展 」参加作家紹介 / 松本美弥子(陶磁) | main | 「 五味五感展 」参加作家紹介 / 只木芳明(木工) >>
「 五味五感展 」参加作家紹介 / SŌK 鈴木絵里加(陶磁)

 

 

 

 

 

 

 

「 五 味 五 感 展 」

 

 

2011年の春を過ぎた頃、はじめての五味五感を開催しました。

あれから7年が過ぎ、2018年11月より再び、五味五感を開催致します。

 

陶磁、木工、ガラス、金工など参加作家をご紹介致します。

 

 

まとめ記事

http://yuugao.jugem.jp/?eid=385

 

公式インスタグラム

instagram.com/gomigokan/

 

 

 

 

 

SŌK 鈴木絵里加

instagram.com/svzvkierlca89/

http://www.soak-tokyo.com/

 

 

*自己紹介

 

SŌK 鈴木絵里加(陶磁)

1985年千葉県生まれ

2008年日本大学芸術学部デザイン学科建築コース卒業

2014年多治見市陶磁器意匠研究所修了

2014年から東京にて制作

 

「曇りの日に似合う」をコンセプトに、陶の器や装身具を制作しています。

原始的なイメージを持ちながらも、現代の暮らしに静かに溶け込むような作品を目指しています。

 

 

*五感について

 

住まいの中にアトリエがあるため、週6日はほぼ家を出ることなく、

ずっと引きこもっています。

ですので、家の中で「五感」に触れるものを逃さないようにしてます。

 

家のある場所は都内なのですが、虫や鳥の多い静かな場所で、夏は蝉の声、

春秋は鳥の声で朝目覚めることも多いです。

(虫は嫌いですが、最近やっと温かい目で見られるようになってきました...)

 

生活の中で一番好きな瞬間は、早朝に庭に出て、

冷たい湿気を帯びた朝の空気に身体を晒す時です。

幼稚な表現になってしまうのですが、

キャンプ場の朝の空気感みたいな、それが一番気持ちの良い時間です。

この時感じているのは「触覚」と「嗅覚」ですかね。

 

「空気に身体を晒す」という行為も「触覚」なんじゃないかと思うんです。

器や作品を見るときに、目で感じる情報ももちろん多いですが、

空気で感じるものも凄く多いんですよね。

ですので、空気感とか気配みたいなものを

感じてもらえるような作品を作れるようになりたいなと思って居ます。

 

____

 

 

始まります!!

 

【静岡】

2018年11月23日(金祝)〜12月2日(日)

キャトルエピス富士店・アトリエショコラ

http://www.quatre-epice.com/

静岡県富士市瓜島町152−2

 

 

.

 

| 五味五感展 2018-2019 | - | - |