ARCHIVES
CATEGORIES
<< 茶屋夕顔 | main | 葉月夜の食事会 >>
茶屋夕顔、器の協力作家さま

 

 

 

 

 

 

 茶屋夕顔 

器、そして空間と時間のこと。

 

長い長い年月を重ね、大切に使われてきた建物。

有形文化財として登録されている「梅御殿」

今夏も、梅御殿に流れる時間の一部となれることを嬉しく思います。

いつも思うのは、

料理を通して、空間と時間を作りたということ。

料理と器が作る /そこから生まれる「空間」から、

実際の場(会場)の空間へ連なり、そして広がるように。

料理は五感で味わうものと感じます。

見て触れて、香り味わい、歯触りを含む周りの音を聴きながら、

その食事の「時間」も、どんどん立体的になるように。これも空間ですね。

 

器は、これらの空間を作る(料理に最も近い)大切な一員です。

今回【 Village 】出展作家さまが

茶屋のための、特別な器をご用意くださいました。

 

 

↓ 画像をクリックすると、大きくはっきりとご覧いただけます

 

 

 

● 器の協力作家さま

・松本美弥子

・石川隆児

・村井大介

・村上祐仁

・初澤勉

遠藤マサヒロ

・フナハシトモハル

・小黒ちはる

・forit_ceramica

・大隅新

・record

・町田裕也

・土のしごと  高島悠史 / 小倉夏樹

 

.

 

ひとつひとつ、作り手の個性のある器。

その使い心地ごと、身近に味わえる機会です。

気に入りの器に出会ったら、

是非、作家さんのブースへお立ち寄りくださいね。

 

夏が似合う「 冷茶漬け 」

沢山ご用意してまいります。

こんな風に、場と季節をつないで

器から、空間・時間まで

梅御殿へ広がりますように。

 

みなさまにお会いできるのを愉しみにしていますね。

 

.

 

【 茶屋夕顔 】

時:

7月14(土)15(日)

10:00〜15:00 / 用意数に達し次第終了(1日 100食限定)

(Villageの開催時間は9:00〜16:00)

ご予約は承っておりません。当日、先着順でのご案内となります

 9:30より、梅御殿入口にて受付をはじめます

※入店の際にはお一人様一品のご注文を必ずお願いします

 

於:

楽寿園内、梅御殿

 

品書き:

冷茶漬け

茶屋すずわさんの水出し焙じ茶  付き

 

料金:

1080円(税込)

※スムーズな案内ができるよう

お支払いの際は、お釣銭のでないご用意をいただけると助かります

ご協力いただけましたら幸いです

 

 

.

| - | - | - |