ARCHIVES
CATEGORIES
<< 続 冬・料理 | main | あけましておめでとうございます >>
ヒヤシンス

彼は言った
自分のこの身体が憎いと

確かにそのとおりで、
自分の身体が自分の意志に反し
いう事を聞いてくれない時、それはそれはとても恨めしい

自分なのに自分の顔を 鏡を通してしか
見る事ができないという理不尽さ、不確かさにどこか似ている
 
けれども絶えず
この心臓は動いているし、呼吸もする、体温はあたたかい
生命を維持するという力はほんとうに凄い

歳をとるってどうゆうことだろう
偶然とはなんだろう
答えを求めるでもなく、たまに考える
そんな時、自分の身体が妙に愛おしく よそよそしく感じて
大切にしないとなあと思う

昨日玄関に生けたヒヤシンスが
思わぬタイミングで、すーっと香る
それだけの事で私はとても幸せです

・ ・ ・
そういえば、
太宰治は「パンドラの匣」の最後をこう綴っていたっけ

この道は、どこへつづいているのか。
それは、伸びて行く植物の蔓に聞いたほうがよい。蔓は答えるだろう。
「 私はなんにも知りません。 しかし、伸びてゆく方向に陽が当たるようです。」

・ ・ ・

来年は、
いろんな事を形にしてゆきたい









| ひとりごと | - | - |