ARCHIVES
CATEGORIES
<< 夕顔のおせち 2016 / ご予約受付をはじめます | main | 陰翳礼讃、11月のたち呑み屋 夕顔 >>
夕顔のおせち、風呂敷のこと





「夕顔のおせち」

お渡しの際には、

料理一品一品のいわれを記したお手紙を添え

風呂敷にお包みし、千両の実を挿しています


風呂敷に包むとき

わたしの手を離れ お客さまの手へ

気持ちのよい、合図のような流れ


本年より

風呂敷を いわもとまきこさん にお願いしました

いわもとさんは、布や植物を介し空間を創る作家さん

今年4月に企画した「木々と水辺の食事会」や、

「10月の台所から」でもご一緒させていただきました



視線の先の心地よさ、 

潔く美しく


彼女のつくる風呂敷とは、

もう長く共に暮らしています

包んだり、拭いたり、

グラスや器の埃よけとしたり

使ったあと、洗濯のあとは

そのまま窓辺にかけておく

日々、わたしの動線に沿って場所をかえ、

間合いを静かに整えてくれる布


おせちをお召し上がりいただいたあとも、

色々の場面で使っていただけますように

仕上がりが今からとても愉しみです

(写真はイメージとなります)


.

いわもとさんからの言葉

ひと針ひと針、

手縫いで仕上げられる 彼女の風呂敷を想う

とても嬉しい


.


夕顔のおせち

◉ 詳細・ご予約はこちらより



※田村文宏さんの白磁の重箱入りおせちは

用意数に達した為、ご予約を締め切りました

定番の桐重箱入りおせちは まだご用意(残数 3)がありますが、

用意数に達した時点で 締め切り日前でも

ご予約受付を終了させていただく場合がございます

ご了承ください



..

| おしらせ | - | - |