ARCHIVES
CATEGORIES
<< 八月の会、ありがとうございます | main | 第一回 ARTS&CRAFT 静岡手創り市 >>
小料理 夕顔 「菊」、ありがとうございます



菊の節句の宴へ
お越しくださいました皆さま、
誠にありがとうございました!



緊張を、たすきと共にキュッとかけ、
背筋が伸びる有り難いひととき

お出しさせて頂いたお料理は、
菊の節句と実りの秋に想いを馳せ拵えた品々です
<お品書き >
・菊酒
青森の純米酒「作田」に菊の香りを浮かべました

・無花果の自家製番茶オイル和え
無花果の肉厚な華やかさを、香ばしい番茶オイルと
カシューナッツの優しい甘みで引き立てました  

・新秋刀魚の香り漬け
旬の新秋刀魚をカラリと揚げて、
八角と生姜で香りを付けた
出汁醤油にじっくり漬けこみました

・紫芋と炙り豆腐の菊花葛あん
上品な甘みと色みが美しい紫芋と
こんがり炙ったお豆腐を、菊
薫る葛あんがふわりと包みます

・菊花と黒糖白玉のお吸い物
菊の凛々しい香りを主役にしました コクのある黒糖白玉が脇を固めます

・銀杏のおこわ
銀杏のほろ苦さが色を添えるおこわです かつを出汁で炊き上げました








菊の節句は、陽(奇数)の最大数が重なる
九月九日に行われる行事です
(重陽の節句とも呼ばれる)
古来中国ではこの日、茱萸(しゅゆ=ぐみの実)
麻袋に入れて丘や山へ登り、
菊の香りを移した菊酒を酌み交わして
長寿を願う風習があったそうです
これが日本に伝わり、平安時代には宮中行事として、
詩を詠み、菊酒で穢れを祓い長寿を願ったといわれています

この日皆さまと飲んだ菊酒、、
どうか長寿となりますように!


〇小料理夕顔「菊」の詳細はこちら





| 料理のこと | - | - |