ARCHIVES
CATEGORIES
<< 2015.01.14 | main | 色に香りに、クリスマスとリースへよせて >>
冬と料理と灯りのこと






その場所では、日々季節の果実が炊かれ、

焼き菓子の焼ける香ばしい匂いがめぐる

素材を生かした、よろこびの組み合わせ

味かおりの調合

あの人の手のひらは、きっととてもよいにおい


春のはじめに、振り返る冬のおわりのこと

「冬と料理と灯り」のことを書きます


自分のなかで大事なことは、

文章にするのに(言葉で繋げるのに)

時間がかかってしまう


..


「冬と料理と灯り」は、

Chipakoyaとkichi(基地)から広げた食事会です



Chipakoyaさんの作ってくださった

食事会当日の動画とともにご覧いただけたらうれしい

(音楽は、ユキシュンスケくん

夕顔の料理を「音」で表してくれる、親愛なる音楽家さんです →  




..



この食事会を振り返るとき、同時に

Chipakoyaのつくる季節の瓶詰めをはじめて手にした時の驚きをおもう

溢れる瑞々しさとその芳香が 瓶の透明ごしに

艶やかに輝いていて、目が離せなかったこと

果実の素直な美味しさ しっかり効いたスパイス  自然な甘み

素材の味を掬って引き立てる抜群の塩梅

焼き菓子も、オリジナルのチャイ茶葉も、季節野菜のピクルスも

Chipakoyaのつくるものには、

素材を知り、愉しんでいることが滲む

それは季節の巡りを愛おしみ、

素材へ 鮮やかな好奇心をよせることと通じるように思う


自分自身も料理をつくるうえで とても大事にしていること

「美味しい」は「愛おしい」から できているのかもしれませんね



そんな、季節の恵みが日々つくられる「kichi」で、

食事会を行えるよろこびといったら(ふふふ)


おいしい秘密のつまったこの空間を 暖かに照らす蝋燭の灯り

kichiには、静かで穏やかな灯りがよく似合う



佇む旬がよろこびを秘めて語りかけてくるように

料理へ、時間へ、空間へ


果実 スパイス / こうばしい香り /

料理とおやつの間のような / 冬の旬 その瑞々しさ /

場所に積もる日々の営みを想い 料理と空間へ込めてゆきました


品書きのなかに、

Chipakoyaジャムをソースに使った料理があるのですが、

その味香りのイメージを近づけてゆく時間もたのしく、豊かな時間でした

味覚がカタチとなって現れる高揚感




● お品書き


<根菜の香ばし揚げ 檸檬と山椒のジャム添え>

香ばしく揚げた、長芋、牛蒡、人参と、

清々しくスパイシーな檸檬と山椒ジャムの親密

心はずむ旬の味あわせです

 *「檸檬と山椒のジャム」は、

このメニューによせ Chipakoyaさんに拵えていただいたスペシャルジャムです

     


<林檎と薩摩芋のシナモン胡麻和え>

林檎の凛とした酸味、薩摩芋の円やかさ

シナモンを効かせた擦りたて胡麻和えで、滋味豊かに仕上げました

 


<かぶらと蕾菜の炊き合わせ>

 かつお出汁ベースの煮汁でふっくら炊いたかぶらと、

 大型からし菜の一種の脇芽・蕾菜のあふれる瑞々しさ

 お出汁染みいるひと品です

 


<飴色玉ねぎとローズマリーと木の実のちまき>

じっくり火を入れた飴色玉ねぎのコク、ローズマリーの清涼感、

木の実の歯ざわりの好相性

紐を解くお愉しみ、蒸したてを召し上がれ



当日はChipakoyaのお二人に料理のサーブをしていただきました

この場所で季節の恵みを繋ぐおふたりから、

季節の料理をお客さまへ繋いでもらうこと 

Chipakoya kichiの日々の営みへ  連なるように

そして灯りは、

時間と季節を包み 穏やかに照らすのです



お越しくださいましたみなさま

Chipakoyaさん

改めまして、本当にありがとうございました!


またいつか

この場所でご一緒できることを願って




夕顔 / 藤間夕香



..


撮影・動画制作 : Chipakoya



...

| 夕顔 | - | - |