ARCHIVES
CATEGORIES
<< いよいよ、初冬のワークショップ | main | 夕顔のおせち 2014 / ご予約受付をはじめます >>
11月の「たち呑み屋 夕顔」





11月の「たち呑み屋 夕顔」は

29(土)30(日)のオープンです

今月29日は「上弦の月」で、

新月から満月にむかうちょうど半分、半月、満ちていくとき


今月は月の満ち欠けより

「上弦月」から品書きをひろげてゆきますよ

古代より、

月のサイクルの影響をうけて暮らしていたわたしたちにとって、

月の姿に身体を照らし合わせてみるのは、およそ理にかなっていること

満月にむけ、満つ力を蓄える月みたいに

身体に「あたたか」を蓄えられるよう願いをこめて、冬支度


冬野菜、根菜類を中心に

身体の中からあたたまる、炊きもの、汁物、ご飯もの etc

生姜やスパイスをきりりときかせたあれこれと、

料理に合うお酒を揃えます

滋味のある純米酒や果実酒などもよいですね



月の満ち欠けとともに、

身体のなかへあたたかを(満たしてゆくように)


..


ここからは、

先月の「移ろい」へよせた「たち呑み屋 夕顔」について書きますね


季節の合間の、移ろい

秋の最中にすこしづつ冬の気配

秋野菜のほっこりした美味と、根菜の甘いぬくもり

暖色に澄んだ透明感が混じるような、

紅葉のような、「移ろい」


用意した品書きはこちらです


・紅玉の胡麻和え

甘い紅色の、どこか懐かしい味わい

                                      

・赤カブと柿のオイル和え

冬の気配の透明感と、秋の暖色


・南瓜と人参と木の実のサラダ

ほっくり香ばしい味覚合わせ


・紫芋の香り揚げ

生姜醤油で香りをつけた、秋と冬の間の旬

  

・煎り銀杏

色づく紅葉、落とし物の美味

                                                            

・鱈と茸と菊花の酒蒸し

寒さが恋しくなるような滋味を召し上がれ


・牡蠣の八角オイル漬け

ぎゅっとつまった旬をほおばる喜び

                                    

・ちりめんじゃこの柚子番茶茶漬け

青柚子から黄柚子へうつりゆく 香りと香ばしさ、あたたかみの好相性


お酒は、季節限定の秋あがり純米数種と、生柚子サワー、

無添加赤ワインのソーダ割り、

自家製果実酒におビールなどなど 揃えましたよ


..


「たち呑み屋 夕顔」 は、

ひと月にいちど rojicafe ato にて開店している

季節のおつまみメインの呑み屋です


季節野菜のお惣菜、旬魚のおつまみ、〆のごはんもの、

個性ある純米酒、おビール、果実酒 etc..

と ご用意いたしております

(ノンアルコールもすこし揃えています)


小さな店内ではありますが、

粋にぐいっとお気軽に 愉しんで頂けましたら幸いです


/////

11月の日時、

11月29(土)30(日)

17:00 〜 22:00

※30日は 〜21:00まで

(L.Oは、それぞれ30分前となります)


場所、

 rojicafe ato

 東京都板橋区弥生町68−1

 03(3956)2254 ※営業日のみの直通となります



地図・クリックでおおきくなります

新宿・高円寺・王子・赤羽からはバスも便利です


*お席のご予約も承っております*

下記アドレスより、メールにてお願いいたします

件名を「たち呑み屋予約」としていただき、

お名前、人数、当日ご連絡のつくお電話番号、ご予約日時をお知らせください

折り返しのご連絡をさせていただきます

yuugatanoaoiajisai@gmail.com  (夕顔 藤間宛てまで)

※当日15時以降のご予約は、上記電話番号より承ります


..


視覚と味覚と温度にかおり

rojicafe atoの空間へ、季節を詰めて

みなさまのお越しをお待ちいたしております




...

| おしらせ | - | - |