ARCHIVES
CATEGORIES
<< 秋を盛りつける | main | 10月の「たち呑み屋 夕顔」 >>
菊からひろがる色香、味覚







Style-Hug Gallery にて行われた、

平井かずみさんによる「菊を愉しむ会」にて


会でお出しするお弁当と甘味を担当させていただきました

お花のテーマに合わせて 菊からひろげたお品書き

菊花やキク科のお野菜と、

秋野菜の組み合わせを詰めてゆきましたよ



「繋がる色香、味覚。菊へよせてのお弁当」


・菊花と柿の甘酢漬け

紫の、もって菊と出始めた柿。米酢ときび砂糖の甘酢に漬け込みました


・牛蒡と秋人参の香り揚げ

キク科の牛蒡×秋人参  生姜香る出汁醤油につけてからりと揚げました


・薩摩芋の春菊ソース和え

キク科の春菊×薩摩芋  木の実のコクをあわせた春菊ソースを薩摩芋に絡めて


山くらげと高野豆腐の炊合せ

キク科の茎レタス(山くらげは茎レタスを乾燥させたもの)

お出汁のじんわり沁みた、歯触りたのしい炊合せ


・菊茶のご飯

菊茶とカモミールをあわせたお茶に、干し椎茸のお出汁をきかせて

お醤油で味付け。菊香る茶飯をイメージしました


甘味は、

・菊花の豆腐チーズケーキ

豆腐とクリームチーズの滑らかな味わいに、

菊花の蜜煮の華やかさをあわせて



お花たち

いつも生き生きしているのが印象的

料理で言う「下処理・下ごしらえ」の丁寧さを、ぎゅっと感じます



菊の凛々しさ愛らしさに包まれて

菊に親しみを込めて近づくことで 見えてくる愉しみ

平井さんのお話を聞きながら、萌窯さんの片口へそっと


みなさんの手元をみながら

いい表情をみながら、今回もよい時間だったなあ



..


次回のしつらい教室は

12月に「クリスマスリース」を、とのこと!

今からとてもたのしみです


どんな味覚をつめてゆこうかな





| 料理のこと | - | - |