ARCHIVES
CATEGORIES
<< 9月の「たち呑み屋 夕顔」と、葉月のこと | main | 秋を盛りつける >>
秋を盛りつけるワークショップ / 前田美絵さんの器にて




料理をする時、ヒントとなるもの

素材そのものの瑞々しさ、生命力。色彩にかたち、かおり

日常の生活でふと心に残った景色、感情

それは例えば、日ごとに色づく柘榴のようすであったり

(柘榴の実は秋の実り、秋の実りといえば何が浮かぶだろう?)

涼しくなった風に混じる金木犀のにおい

(その甘い香りを野菜や果実に例えるなら、何に重なる(近い)?)

少し意識をむけると すぐ近く、身近にあるもの

風は金木犀の香りを運ぶし、どこかで誰かの髪をゆらしてる

そんな当たり前にあること

その豊かさにいつも目をこらしていたい


自分にとって、料理のヒントとなるこれらのこと

実際に手を動かしながら、隣のひとに語りかけるように繋いでいけたら

と、はじめた「盛りつけワークショップ」 です

今回は、前田美絵さんのつくる器に「秋」を盛りつけてゆきます

食と自然を源として 作陶している前田さん

彼女は夏のおわりに

緑深く土と距離が近い場所へ、生活と制作の拠点をうつしました

新拠点から届く初穫れの器たち たのしみでなりません


..


【 秋を盛りつけるワークショップ / 前田美絵さんの器にて 】


旬のお野菜や果実を季節におきかえてみてみると、

いつもとは少し違った ひと皿が出来上がる

ひと皿のなかにでも季節が表せること

その身近さ、豊かさ

「秋」からひろがるイメージを

野菜や果物に重ねて味わう「盛りつけワークショップ」を行います

秋の実りがよく似合う器を、前田美絵さんにご用意いただき

器と素材の合わせをたのしむ時間


本ワークショップは、

ずらりと並んだ 秋野菜や果物から

これという組み合わせを選んでいただき

思うままのかたちに切って

前田さんの大皿へ、秋景色を盛りつけてゆきます

(景色とは、たとえば窓ごしにみる日差しでも、想像のなかの日差しでも

あの時の日差しのなか 食べたものの味わいも、温度も。それは景色(風景))

 

盛りつけ後には、みなさんのお皿のうえのお話に耳を傾けながら

サラダとしてお召し上がりいただきます


※当日は、前田美絵さんの器の展示販売も行っています

詳細は下記をご覧ください


 

<日時> 

10月18(土)

・昼の部  11:00 - 13:30(お食事 12:30位から)

・夜の部  17:00 - 19:30(お食事 18:30位から)

※ご予約を締め切りました


<場所>

rojicafe ato

東京都板橋区弥生町68−1

☎ 03(3956)2254 ※当日のみ直通


<定員>

各回 6 名さま  ※ご予約制

 

<参加費> 

盛りつけていただいたサラダ + ハードブレッド ・季節のスープ・お茶付き

おひとり 3500円

サラダには、自家製番茶オイルや蕎麦茶と木の実のオイル等々

秋野菜と相性のよいオイル・ドレッシングをご用意いたします

※サラダ・スープともに前田さんの器でお召し上がりいただけます


<持ち物>

お洋服の汚れを防ぐエプロンがあると安心です


<ご予約方法> 

夕顔 藤間あてまで、下記mailアドレスよりお申し込み下さい

yuugatanoaoiajisai@gmail.com

件名を「盛りつけワークショップ予約」としていただき、

お名前・ご参加人数・ご希望の部・当日ご連絡のつくお電話番号

差し支えなければご住所 )をご記入の上、送信下さい

*お申し込みいただきましたら、受付完了のメールを返信いたします

*定員となりました時点で受付を終了とさせて頂きます

ご予約後のキャンセルはご遠慮ください

(食材仕入れの都合上、開催一週間前よりキャンセル料をいただきます)


◎ 当日は前田美絵さんの器の展示販売を行います



(画像はクリックで大きくなります)

※スペースの都合上、ワークショップご参加のお客さま以外のご入店は

13:30 - 16:30まで となります。ご了承下さい

 また、翌週10月25(土)26(日に 同スペースで営業する 

「たち呑み屋 夕顔」店内でも、引き続き器の販売を行います

(たち呑み屋ご利用以外のお客さまもご自由にご覧いただけます)

..

秋野菜や旬の果物は、その存在自体が「季節」のよう

その色形で絵を書くように

それはもうひと皿の秋景色

正解のある形ではなくって、自分らしい形

自身と距離の近いひと皿が

日常で四季を愉しむ入口となったらとてもうれしく思う

そこからひろがる些細なさまざまは、

きっと「いつも」をより豊かにしてくれる


もしも「こんな風に盛り付けたいのだけれど、どうしたら?」

ということがありましたら、どうぞお気軽にお声をかけてくださいね

盛り付けのコツのようなものをお話しながら、

その人らしいひと皿を見つけるお手伝いをさせていただけたらと思っています


秋の最中に、ご一緒できますように


◎ 前回行った「夏を盛りつけるワークショップ」の様子はこちら




...

| おしらせ | - | - |