ARCHIVES
CATEGORIES
<< □ 6月の、たち呑み屋 夕顔 | main | 「ふたりを祝う」食事会 >>
□ 6月から7月へ、たち呑み屋 夕顔のこと






6月の「たち呑み屋 夕顔」終了しました


焦がれる青梅雨へ

梅雨期の緑がかった空気、土と雨のにおいと

植物の勢いひそめた気配

料理にも空間にも「青梅雨」をよせましたよ




お出しした品書きをご紹介します


・苦瓜の浅漬け

青と苦味の美味


・水茄子と姫胡瓜

たっぷりとした瑞々しさを召し上がれ 


・新じゃが芋の番茶粉ふき芋

雨上がりの土の香り                                       


・新生姜と厚揚げのきんぴら

若く清々しい辛味と滋味


・無花果の田楽

太陽と雨の恵みしたたるひと品      


・鯵と万願寺唐辛子の南蛮漬け

緑の甘みと旬のうまみ、からりと揚げてじんわり漬け込みました                                   

・梅と青紫蘇、ジャコの焼きおにぎりと、お番茶

梅のさわやか紫蘇の涼やか ジャコをあわせて香ばしく焼き上げました

   

お酒は、

早熟メロンのような芳香と青さがひろがる夏の純米酒をはじめ、

甘夏とグリーンペッパーを漬け込んだ自家製サングリア、

人気のモヒート、軽やかな飲み口のハートランドビールなどなど

ご用意しました


次回、7月の「たち呑み屋 夕顔」は

20(日)21(月・祝)のオープンです

盆をすぎ、梅雨が明け

からりとした夏へ近づくころ

夏の季語「夏夕」をイメージして品書きをたててゆきます

夕去り、夕顔、なつゆうべ

20日は土用入りということもあり、

「う」ではじまる料理もご用意しますよ

季節の変わり目、夏負けしない身体へ


夏夕

昼間の暑さがひそめる時間

よかぜに風鈴の音をきくような、板間のひんやりした心地のような

涼と味わい、たのしんでいただけたらと企んでいます


みなさまのお越しを

お待ちいたしております


..


「たち呑み屋 夕顔」 は、

ひと月にいちど rojicafe ato にて開店している

季節のおつまみメインの呑み屋です


季節野菜のお惣菜、旬魚のおつまみ、〆のごはんもの、

個性ある純米酒、おビール、果実酒 etc..

と ご用意いたしております

(ノンアルコールもすこし揃えています)


小さな店内ではありますが、

粋にぐいっとお気軽に 愉しんで頂けましたら幸いです


・お惣菜 ひと品 400円から

・お酒各種 500円から

※チャージ料は頂いておりません


/////

7月の日時、

7月20(日)21(月・祝)

17:00 - 22:00 

※6月よりオープン時間が17時〜となりました

※21(月・祝)は、〜21時まで

( L.Oは それぞれ30分前となります )


場所、

 rojicafe ato

 東京都板橋区弥生町68−1

 03(3956)2254 ※営業日のみの直通となります

6月以降の日取りは、追っておしらせいたします


地図・クリックでおおきくなります

新宿・高円寺・王子・赤羽からはバスも便利です



*お席のご予約も承っております*

下記アドレスより、メールにてお願いいたします

件名を「たち呑み屋予約」としていただき、

お名前、人数、当日ご連絡のつくお電話番号、ご予約日時をお知らせください

折り返しのご連絡をさせていただきます

yuugatanoaoiajisai@gmail.com  (夕顔 藤間宛てまで)

※当日15時以降のご予約は、上記電話番号より承ります




...
| おしらせ | - | - |