ARCHIVES
CATEGORIES
<< □ 初夏の食事会 | main | □ しつらい教室へよせて >>
□ 5月のたち呑み屋夕顔、そして6月へ









5月の「たち呑み屋 夕顔」終了しました

料理へ空間へ 初夏をそっと並べてゆきました


夏のはじめの台所から、誰かを待つしあわせ

野菜が植物が指先からみずみずしく語りかけてくる


..


お出しした品書きをご紹介します

・グリーンオリーブ 

ひと粒ひと粒に淡いグリーンの味わい


・胡瓜の檸檬醤油和え

水分を蓄えた清々しさ   

                               

・翡翠なす

目にすゞやか、お出汁のしみた翡翠色 

                     

・アボカドとミニトマトのオイル焼き

さらりとした透明感とコク、グレープシードオイルを使用しています


・とうもろこしの炙り焼き

いつかの夏の記憶へ 染み込む香ばしさ      


・甘夏と旬魚のマリネ 

つややかな甘味の旬魚に甘夏の果実感、蜜にさわやかに広がります                


・鯵と香味野菜のご飯と、天日干し番茶

焼きたての鯵に、夏の香味・茗荷、青じそ、新生姜、青葱をあわせました


お酒は

ミント、ライム、新生姜で香りだてしたモヒートや、

初夏のワイン(辛口白ワインに甘夏果実+ローズマリー)、

きりりと清らか自然発泡の純米酒、

ジャスミンハイ、深いグリーンのボトルが美しいハートランドビールなどなど

ご用意しました



次回、6月の「たち呑み屋 夕顔」は

21(土)22(日)のオープンです

※6月より、オープン時間を1時間はやく17時からとします

※日曜日は 〜21時まで


もうじき梅雨が来て、それから夏がくる

夏の夕暮れ、夕顔の咲く季節

6月は「青梅雨」からイメージをひろげて

品書きを揃える予定です

..

青梅雨とは、梅雨の異称の一つ

梅雨にそなえ太陽の陽を蓄えた木々たちが

梅雨期の雨にその葉を色濃くする

青梅雨は、そうした木々の葉に降る雨を指す言葉です


ぎゅっと甘味をたくわえた夏野菜と旬魚を中心に、

より緑濃く、土の香りの野趣を交えて

もちろん空間にもよそおいを!


以前、rojicafe ato にて行った

青梅雨をテーマにした「花と喫茶」

このイメージも重ねたいな


みなさまのお越し、お待ちいたしております


..


「たち呑み屋 夕顔」 は、

ひと月にいちど rojicafe ato にて開店している

季節のおつまみメインの呑み屋です


季節野菜のお惣菜、旬魚のおつまみ、〆のごはんもの、

個性ある純米酒、おビール、果実酒 etc..

と ご用意いたしております

(ノンアルコールもすこし揃えています)


小さな店内ではありますが、

粋にぐいっとお気軽に 愉しんで頂けましたら幸いです


・お惣菜 ひと品 400円から

・お酒各種 500円から

※チャージ料は頂いておりません


/////

6月の日時、

6月21(土)22(日)

17:00 - 22:00 

※日曜日は21時まで

※L.Oは それぞれ30分前となります


場所、

 rojicafe ato

 東京都板橋区弥生町68−1

 03(3956)2254 ※営業日のみの直通となります

6月以降の日取りは、追っておしらせいたします


地図・クリックでおおきくなります

新宿・高円寺・王子・赤羽からはバスも便利です



*お席のご予約も承っております*

下記アドレスより、メールにてお願いいたします

件名を「たち呑み屋予約」としていただき、

お名前、人数、当日ご連絡のつくお電話番号、ご予約日時をお知らせください

折り返しのご連絡をさせていただきます

yuugatanoaoiajisai@gmail.com  (夕顔 藤間宛てまで)

※当日15時以降のご予約は、上記電話番号より承ります




...

| 夕顔 | - | - |