ARCHIVES
CATEGORIES
<< 繋 | main | はなときっさ >>
小料理 夕顔 其の弐




夏の訪れ、七夕(しちせき) の節句、
晩の催しを行います

「 小料理 夕顔 」 其の弐

七夕の節句を祝うお料理と
お花のしつらい
食事とともに愉しむお酒、、
端午の節句に行った
あの、晩の催しの第二弾です

・日時 7月5日(月)、6日(火)、7日(水)
    19:00 - 22:00
※全日程ともに満席となりました 
  有難う御座いました!(6/21)
・場所 リトルコ
・お料理 5品 ¥2500
・お飲み物別途ご注文くださいませ
※各日5名様限定のご予約制とさせて頂きます
ご予約はメールにて、
リトルコ  jujolittle@gmail.comまでお願い致します
件名を「小料理 夕顔 予約」として頂き、
お名前、ご希望日、人数、ご連絡先お電話番号を
ご記入くださいませ
(折り返し2日以内にお返事を致します)
※満席になりました時点で受付終了とさせて頂きます
何卒ご了承くださいませ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
七夕と言えば、宵の天気を気にしながら
天の川を探し、織姫さんと彦星さんを想ったり
笹に願い事の短冊を飾り お素麺を食べたり 、、 
なかなか楽しみな行いが多いものです
このたびの「小料理 夕顔」では、
お素麺発祥の地、
奈良県桜井市・三輪の古物(ひねもの)素麺を中心に、
(古物素麺とは蔵で寝かせて熟成させたもの
豊かなコシと香りが特徴です)
夏野菜のお料理をお楽しみ頂こうと考えております

七夕にお素麺を食べる習慣は、
平安時代、旧暦七月七日 七夕の節句に
索餅(さくへい)という、素麺の原型とされる
唐菓子の一種をお供え物として定めていた事から
といわれています
節句の起源を探ると
神様(自然)への願いや祈りに辿り着く

そんなことを、
ぼんやりと感じながら過ごす
七夕も乙なものですね 

皆さまのご来店、
心よりお待ち致しております


〇当日の様子はこちら



| おしらせ | - | - |