ARCHIVES
CATEGORIES
<< 日々のなかの真鍮に ある春の料理を、のこと | main | ある春の料理、それからお手入れ >>
土といきもの展







ポポタムさんにて、

6月7日(金)からはじまる「土といきもの展」

会期中 15日(土)の「トークとライブとサラダの夕べ」に参加します


わたしは、自家製の番茶ドレッシングを携えて

自然農園レインボーファミリーさんのお野菜でサラダをこしらえます

丹精してつくられた土からうまれた、すくすく生き生きしたお野菜たち

その力強さと向き合いたい


...


「土といきもの展」

67日(金)〜18日(火)

会場 ブックギャラリーポポタム

12〜19時 13日(木)休廊 入場無料

金曜は20時まで 最終日は17時終了

※15日(土)はイベントのため展示は16時まで


参加作家:

市居みか きくちちき こしだミカ(陶)しのづかゆみこ チャンキー松本

どいかや 中沢美帆 西村繁男(絵皿) 廣谷ゆかり(陶)
山福朱実 丸木ひさ子 ミロコマチコ
特別展示:丸木俊 丸木スマ


東電原発事故後にもっとも気になったのが

以前取材や稲作体験で足を運んだ東日本の有機農家のことでした。
人は逃げられるし、食べ物は忌避することができるけれど
丹精してつくってきた土は、ミミズやモグラはどうなるの?

今展では、土の匂いを感じるような作品を描く絵本作家さんの絵と、

土から生まれた陶器の展示販売を行います。

また東日本で土づくり、野菜づくり、

食に携わる方々の活動や本の紹介もしていきたいと思います。


※6月15日(土)17〜19時

「トークとライブとサラダの夕べ」

自然農園レインボーファミリー(野菜) 柳瀬徹(本)

ひとつ屋根の下(歌) 夕顔(ドレッシング)

参加費1500円(先着30名、サラダ付)

ご予約はブックギャラリーポポタムまで


【ブックギャラリー ポポタム】

東京都豊島区西池袋2-15-17

03-5952-0114

popotame@kiwi.ne.jp


...

先日、

流山市の 自然農園レインボーファミリーさんに打ち合わせに行き、

農園を案内していただきました



写真は、大きくなりすぎて販売用にはまわさないお野菜たち


けれど みんな生き生き瑞々しく、味も濃くってほんとうにおいしい

農薬、化学肥料はつかわず、

農園で飼われている鶏たちの鶏糞からつくられた有機肥料育ち

畑をすみずみまで案内していただきました

その場で少しちぎって味見させていただいたり、自分で抜かせていただいたり

土と野菜にふれ、私自身も本当に生き生きさせて貰った日

水菜、ルッコラ(お花も)、チンゲン菜花、大根の花、大根、あやめ雪かぶ、

しわしわじゃが芋(これが美味)、産んでまもない卵もお土産にいただきました


早速料理を、




写真は、右上から時計回りに

「かぶと水菜と大浅蜊の炊いたん」

「平飼い鶏の卵の汁もの」

「あやめ雪かぶの焼きもの」

「ルッコラと大根としわしわじゃが芋の塩ラタトゥイユ」



野菜の味がそれぞれ濃く、甘く、身体の芯まで沁みこむ



「土といきもの展」

みなさまのお越しをお待ち致しております





| おしらせ | - | - |