ARCHIVES
CATEGORIES
<< 四月の会、ありがとうございます | main | 花と喫茶 >>
小料理 夕顔 の、夜

端午の節句の宴へ
お越し下さいましたみなさま、 
誠にありがとうございました

(初の!)カウンター越しでの
料理のご提供は、
とてもとても緊張しましたが
沢山のことを思い 学びました

このような機会を与えて下さった
リトルコさんにはほんとうに感謝です








宴でご用意したお料理は、
端午の節句と初夏の頃に
想いを馳せ、拵えた品々
< お品書き >
・青こごみのからし和え
ほろ苦さと 微かなぬめりが特徴のこごみ
固めに茹でて、辛子をピリリときかせた出汁醤油で和えました

・わらびの煮物
コクのある野生味が美味しいわらびは、アクをよく抜いてから
薄味煮汁でじわじわふっくら炊き上げました

・せぐろ鰯の自家製オイルサーディン
繊細な鰯 鮮度のよい鰯
一尾一尾丁寧に開き、塩水にくぐらせて、
花山椒・黒胡椒・生姜をきかせたオイルで
低温にて時間をかけて煮てゆきます 花山椒の香りが、よい心地

・那須芋しんじょうの柏葉蒸し
すり下ろした那須芋と、乱切りの那須芋、刻んだ昆布を練り合わせ、
ごま油で揚げて、柏の葉に包んで蒸しました 柏の雅な香りと那須芋の
サクサクもっちりした食感が愉快です さっぱり仕立ての葛あんで召し上がれ

・和風ちまき
もち米と、生姜、干し椎茸、昆布、胡麻、刻んだスルメいかを炒め、
かつを出汁とお醤油、粗製糖を加えて、竹の葉に包み蒸し上げました
和の素材だからこそ出る滋味深い味わいです

・よもぎのお吸い物
かつを出汁と 干し椎茸の薄味お汁に、よもぎのすっとした清涼感が広がります

・浜坊風と春かぶの自家製甘酢漬け
浜坊風はセリ科の山菜で、漢方薬にも使われます
豊かな歯ごたえと微かな苦みが特徴 春かぶの柔らかな歯触りとともに、
米酢と粗製糖を合わせた甘酢で漬け込みました


菖蒲やよもぎで魔よけをし 鯉のぼりを掲げて出世を願う
豊年豊作を祈り 季節の恵みに感謝を捧ぐ
等々、、
その裏側にあったであろう自然と共存する厳しさや
培われていった日々の営み
想像する事しかできないけれど
想像する事が大切な気がします
そして、
「節句」が今も残っている事が
単純にうれしい
自分らしく肩肘はらず、
繋いでゆけますように

次の七夕を想う今日この頃です


〇小料理夕顔「端午」の詳細はこちら




| 料理のこと | - | - |