ARCHIVES
CATEGORIES
<< 七月のたち呑み屋、のおしらせ <酒編> | main | 夏へ >>
小料理 夕顔「菊」








実りの秋、菊の節句、

晩の催しを開催いたします


【 小料理 夕顔 「菊」 】

菊の節句に因んだお料理と

特別にご用意した美味しいお酒、

どうぞ ゆるりとお愉しみください


○ 節句の料理 / 夕顔 藤間夕香

○ 飲み物と甘味、器と節句の花のご用意 / リトルコ


*各日5名さま限定のご予約制となります

大変限られた席数であること、

また ご用意した食材を無駄にすることとなりますため、

お申し込み後のキャンセルはお受けいたしかねます

下記内容をよくご確認の上、お申し込みくださいませ


<日時> 9月7日(金)、8日(土)

     開店19:00 - 22:00閉店

     9月9日(日)

     開店18:00 - 21:00閉店

※全日満席となりました


<場所> リトルコ


<料金> お料理 5品 お飲み物 2杯付き ¥3500

    (お飲み物は、品書きより お好きなものをお選び頂けます

     また、お飲み物は追加注文も承ります)


<ご予約について>

お申込みの際には下記の通り、ご理解をよろしくお願いいたします

・参加されるご本人のお申込みに限ります

(同伴者1名様のみ可。合計人数、お名前をお知らせください)

・当日は開店後30分以内にお入りくださいませ

・店内での写真撮影はご遠慮いただいております

・ラストオーダーは閉店30分前となります

・ご予約後キャンセルの場合は全額お支払いいただきます


*初めてご参加となるお客さまは、

リトルコ店頭にてお申し込みとお支払いをお願いいたします

ご来店前にお電話で空席をご確認ください

*定休日(水・木)と夏期休業期間(8月12日〜16日)は

お問い合わせいただけません。ご了承ください

*2回目以降のご参加希望のお客さまは 記載の情報をご確認のうえ、

リトルコまで メールにてお申し込みください

*満席となりました時点で受付終了とさせていただきます



・・


菊の節句は、陽(奇数)の最大数が重なる
九月九日に行われる五節句のひとつです
(重陽の節句とも呼ばれます)
古来中国ではこの日、

茱萸の実を麻袋に入れて丘や山へ登り、
菊の香りを移した菊酒を酌み交わし 長寿を願う風習があったそうです
これが日本へと伝わり、平安時代には宮中行事として

詩を詠み、菊酒で穢れを祓い長寿を願ったといわれています


節句の背景と季節の恵み、

菊花の潔い美しさ 楚楚とした香り

そこから広がる料理をご用意いたします


みなさまのお越しを お待ちいたしております




| おしらせ | - | - |