ARCHIVES
CATEGORIES
五味五感展

 

 

 

 

 

 

 

2011年の春を少し過ぎた頃、初めて「五味五感 展」を開催しました。
あれから7年と少し。

2018年、再び「五味五感 展」を開催します。

 

「 五味五感 展」は、

夕顔の季節の料理を軸に、絵と音楽と工芸の作家とともに開催される展示会です。
料理が繋ぐ、五味五感。

食事を愉しむ時間は、見て、聴いて、触れて、味わい、香ること。

連なるように、料理は絵となり、音になり、愛用の器・カトラリーへと広がる。

11月末の静岡を皮切りに年を跨いで、

1月・東京。2月・栃木と、3つの会場を巡回していきます。

 

各会場では、山口洋佑さんによる料理のイラストの展示。

ユキシュンスケさんによる、本展サウンドトラックの販売。

夕顔が日々愛用している工芸の作家さんの器・カトラリーを展示販売いたします。

3つの会場全てで、会期中に行う【 夕顔食事会 " 五味五感 " 】では、

参加作家の器・カトラリーで季節の料理を贅沢に愉しんでいただきます。

作品の体験の場としても、提案してゆきます。

 

見て聴いて触れて味わい香る、五味五感。

皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

 

 

◯会期

 

【東京】

2019年1月11日(金)〜1月20日(日)

11:00〜19:00

※1/15(火)は休廊となります

※食事会開催日 13.14.16日は18:00まで

※クレジットカードのご利用は1万円以上より可能です

 

nice things. STORY

https://nicethings.jp/

東京都港区西麻布2−22−5

※併設ギャラリー「 GALLERT_VELLEY 」にて開催

 

食事会:1.13 (日) 14 (月・祝)16(水)

各日19:00〜   各回 約2時間半を予定

※nice things.での夕顔食事会のご予約は締め切りました

 

 

 

【栃木】

2019年2月9日(土)〜2月17日(日)

11:00〜18:00

※2/14(木)は定休日となります

 

pejite

http://www.pejite-mashiko.com/

栃木県芳賀郡益子町益子973−6

 

食事会:2.9 (土) 10(日)

各日19:00〜 約2時間半を予定(完全予約制)

詳細・ご予約方法はこちらより →

ご予約受付開始日:1.9(水)正午〜

 

 

 

【静岡】

※静岡会場での会期は終了しました

キャトルエピス富士店/アトリエショコラ

http://www.quatre-epice.com/

静岡県富士市瓜島町152−2

 

 

◯工芸作家

 

ー陶磁ー

 

 

田村文宏

 

 

松本美弥子

 

 

SŌK鈴木絵理加

 

 

ーガラスー

 

 

三浦侑子

 

 

liir森谷和

 

 

ー木工ー

 

 

只木芳明

 

 

pejiteオリジナル

 

 

ー金工ー

 

 

yuta須原健夫

 

 

◯料理

 

 

夕顔 藤間夕香

 

 

◯イラスト&DMデザイン

山口洋佑

 

◯サウンドトラック

ユキシュンスケ

 

 

主催:手創り市

企画:夕顔藤間夕香・手創り市名倉哲

協力:大野写真研究室

 

 

 

| 五味五感展 2018 参加作家 | - | - |
「 五味五感展 」参加作家紹介 / pejiteオリジナル(木工)

 

 

 

 

 

 

「 五 味 五 感 展 」

 

2011年の春を過ぎた頃、はじめての五味五感を開催しました。

あれから7年が過ぎ、2018年11月より再び、五味五感を開催致します。

 

陶磁、木工、ガラス、金工など参加作家をご紹介致します。

 

 

まとめ記事

http://yuugao.jugem.jp/?eid=385

 

公式インスタグラム

instagram.com/gomigokan/

 

 

 

 

 

pejiteオリジナル

http://www.pejite-mashiko.com/

instagram.com/explore/tags/pejite

 

 

*自己紹介

 

栃木県益子町にて店舗を構え、日本のアンティーク家具、うつわ、衣類など、手仕事が感じられる品々を扱っております。

今回出品させて頂くオリジナルの木皿は、サイズも形も材もそれぞれ異なります。

欠けや節など古材の特性を生かしながら、素材の魅力が引き立つよう製作しております。

 

 

*五感について

 

特別意識はしておりませんが、心身共に常にオープンな感覚を心掛けている気がします。

ONもOFFもなく、仕事の中に“遊び”があり、遊びの中に“仕事”がある感じです。

( 店主 / 仁平 透 )

 

 

____

 

 

始まります!

 

【静岡】

2018年11月23日(金祝)〜12月2日(日)

キャトルエピス富士店・アトリエショコラ

http://www.quatre-epice.com/

静岡県富士市瓜島町152−2

 

 

.

 

 

| 五味五感展 2018 参加作家 | - | - |
「 五味五感展 」参加作家紹介 / 田村文宏(陶磁)

 

 

 

 

 

 

「 五 味 五 感 展 」

 

2011年の春を過ぎた頃、はじめての五味五感を開催しました。

あれから7年が過ぎ、2018年11月より再び、五味五感を開催致します。

 

陶磁、木工、ガラス、金工など参加作家をご紹介致します。

 

 

まとめ記事

http://yuugao.jugem.jp/?eid=385

 

公式インスタグラム

instagram.com/gomigokan/

 

 

 

 

田村文宏(陶磁)

http://tamurafumihiro.jp/

instagram.com/fumihiro.tamura/

 

 

*自己紹介

 

1978年         愛知県岡崎市生まれ
2004年         瀬戸窯業高等学校陶芸専攻科卒業
2005年 / 2006年   ホンジュラス共和国にて窯業サポート
2010年 / 12年 / 14年 カンボジアにて窯業サポート
             現在、愛知県岡崎市で制作   

 

 

*五感について

五感を通じて得た記憶や感情をかたちにしていきたいと思っています。

 

 

____

 

 

始まります!

 

【静岡】

2018年11月23日(金祝)〜12月2日(日)

キャトルエピス富士店・アトリエショコラ

http://www.quatre-epice.com/

静岡県富士市瓜島町152−2

 

 

.

 

| 五味五感展 2018 参加作家 | - | - |
「 五味五感展 」参加作家紹介 / yuta 須原健夫(金工)

 

 

 

 

 

 

「 五 味 五 感 展 」

 

2011年の春を過ぎた頃、はじめての五味五感を開催しました。

あれから7年が過ぎ、2018年11月より再び、五味五感を開催致します。

 

陶磁、木工、ガラス、金工など参加作家をご紹介致します。

 

 

まとめ記事

http://yuugao.jugem.jp/?eid=385

 

公式インスタグラム

instagram.com/gomigokan/

 

 

 

 

 

yuta(金工)

www.instagram.com/yutacraft/

http://www.yuta-craft.com/

 

 

*自己紹介

 

鍛金・彫金など手工芸の技術を用いてカトラリーやジュエリーを作っております。

手仕事の新たな価値を発見し、美しさにおいてそれを実践していきます。

今回はお茶やお菓子周りの真鍮の道具をご用意しました。

耳を澄ますように、ゆっくりとお楽しみいただけますと幸いです。

 

 

*五感について

 

私にとって五感とは、イメージを生むものであり、また逆にイメージから戻る場所でもあります。

ゼロに方向性を与えるもの。

道筋を示すもの。そこから、様々な方向に景色が広がっていきます。

意識して、良いものを五感で感じることで、自分の中の景色が美しく育つように思います。

 

 

____

 

 

始まります!

 

【静岡】

2018年11月23日(金祝)〜12月2日(日)

キャトルエピス富士店・アトリエショコラ

http://www.quatre-epice.com/

静岡県富士市瓜島町152−2

 

 

.

 

| 五味五感展 2018 参加作家 | - | - |
「 五味五感展 」参加作家紹介 / 三浦侑子(ガラス)

 

 

 

 

 

 

 

「 五 味 五 感 展 」

 

2011年の春を過ぎた頃、はじめての五味五感を開催しました。

あれから7年が過ぎ、2018年11月より再び、五味五感を開催致します。

 

陶磁、木工、ガラス、金工など参加作家をご紹介致します。

 

 

まとめ記事

http://yuugao.jugem.jp/?eid=385

 

公式インスタグラム

instagram.com/gomigokan/

 

 

 

 

 

三浦侑子(ガラス)

instagram.com/bambooglass_miura/

https://bamboo-glassworks.com/

 

 

*自己紹介

 

岡山県北部の山間で硝子を吹いて暮らしています。

柔らかく熔けた状態から冷えて固まってカタチになる硝子に魅力を感じて制作しています。

素材や技法の歴史を学びながら、

自分の暮らしの中で、欲しいなと思ったモノを正直にカタチにしていきたいです。

 

 

*五感について

 

意識しているという程でもないのですが、季節の中で感じる五感は大切にしたいと思っています。

例えば、、

冬に食べるキュウリやトマトは美味しくないなとか。

雪がしんしんと降り積もる冬の夜の静けさに耳を澄ませてみるとか。

春先にほろ苦い山菜をたべると体が目覚める気がするとか。

夏は犬の散歩途中で川の冷たい水に足をつけて一休みするとか。

草刈りのあとのムウッとした緑のニオイを胸いっぱい嗅いでみるとか。

秋の夕暮れ時に鹿の鳴き声がきこえたら、鳴き声を真似して呼びかけてみたり。

(鹿が応えてくれたことはありませんが。。。)

そんな日常の何気ない五感を30代半ばでやっと楽しめるようになった気がします。

 

 

____

 

 

始まります!

 

【静岡】

2018年11月23日(金祝)〜12月2日(日)

キャトルエピス富士店・アトリエショコラ

http://www.quatre-epice.com/

静岡県富士市瓜島町152−2

 

 

.

 

| 五味五感展 2018 参加作家 | - | - |
「 五味五感展 」参加作家紹介 / liir 森谷和輝(ガラス)

 

 

 

 

 

 

 

「 五 味 五 感 展 」

 

2011年の春を過ぎた頃、はじめての五味五感を開催しました。

あれから7年が過ぎ、2018年11月より再び、五味五感を開催致します。

 

陶磁、木工、ガラス、金工など参加作家をご紹介致します。

 

 

まとめ記事

http://yuugao.jugem.jp/?eid=385

 

公式インスタグラム

instagram.com/gomigokan/

 

 

 

 

 

liir 森谷和輝(ガラス)

instagram.com/liir1116/

http://liir1116.com/

 

 

*自己紹介

 

福井県で電気炉やバーナーを使ってガラスの器などを制作しています。

ガラス素材が持つ特性(溶けて動くことなど)や実際に使うことから形のきっかけもらい制作しています。

 

 

*五感について

 

最近触れて気持ちよかったのはうちの子どものほっぺです。

触り心地は触覚だけで感じているのではないなぁと思いました。

 

 

____

 

 

始まります!

 

【静岡】

2018年11月23日(金祝)〜12月2日(日)

キャトルエピス富士店・アトリエショコラ

http://www.quatre-epice.com/

静岡県富士市瓜島町152−2

 

 

.

 

| 五味五感展 2018 参加作家 | - | - |
「 五味五感展 」参加作家紹介 / 只木芳明(木工)

 

 

 

 

 

 

 

「 五 味 五 感 展 」

 

2011年の春を過ぎた頃、はじめての五味五感を開催しました。

あれから7年が過ぎ、2018年11月より再び、五味五感を開催致します。

 

陶磁、木工、ガラス、金工など参加作家をご紹介致します。

 

 

まとめ記事

http://yuugao.jugem.jp/?eid=385

 

公式インスタグラム

instagram.com/gomigokan/

 

 

 

 

 

只木芳明(木工)

https://www.instagram.com/yoshiakitadaki/

https://entomaru.exblog.jp/

 

 

*自己紹介

 

2010年から彫刻刀等で木を彫り始めました。

主に生活の中の道具を作っています。

端材や朽ちた材も使い、

こちらが良材悪材と決めつける事をしないよう気を付けながら制作に向かっています。

 

 

*五感について

 

制作に限定した場合最も大切にしている事は“木の音を聞く”という事です。

大木を抱きしめてやるアレではなくて、木片を握った時の音、切削する音、

置いた時の音が気持ち良い時は、造形の均整がとれる事が多いです。

今回制作した物が陶やガラスと触れ、

擦れる際に聞こえる音から道具の素材感や使う人の眼差しが伝わればと思っています。

 

 

____

 

 

始まります!!

 

【静岡】

2018年11月23日(金祝)〜12月2日(日)

キャトルエピス富士店・アトリエショコラ

http://www.quatre-epice.com/

静岡県富士市瓜島町152−2

 

 

.

| 五味五感展 2018 参加作家 | - | - |
「 五味五感展 」参加作家紹介 / SŌK 鈴木絵里加(陶磁)

 

 

 

 

 

 

 

「 五 味 五 感 展 」

 

 

2011年の春を過ぎた頃、はじめての五味五感を開催しました。

あれから7年が過ぎ、2018年11月より再び、五味五感を開催致します。

 

陶磁、木工、ガラス、金工など参加作家をご紹介致します。

 

 

まとめ記事

http://yuugao.jugem.jp/?eid=385

 

公式インスタグラム

instagram.com/gomigokan/

 

 

 

 

 

SŌK 鈴木絵里加

instagram.com/svzvkierlca89/

http://www.soak-tokyo.com/

 

 

*自己紹介

 

SŌK 鈴木絵里加(陶磁)

1985年千葉県生まれ

2008年日本大学芸術学部デザイン学科建築コース卒業

2014年多治見市陶磁器意匠研究所修了

2014年から東京にて制作

 

「曇りの日に似合う」をコンセプトに、陶の器や装身具を制作しています。

原始的なイメージを持ちながらも、現代の暮らしに静かに溶け込むような作品を目指しています。

 

 

*五感について

 

住まいの中にアトリエがあるため、週6日はほぼ家を出ることなく、

ずっと引きこもっています。

ですので、家の中で「五感」に触れるものを逃さないようにしてます。

 

家のある場所は都内なのですが、虫や鳥の多い静かな場所で、夏は蝉の声、

春秋は鳥の声で朝目覚めることも多いです。

(虫は嫌いですが、最近やっと温かい目で見られるようになってきました...)

 

生活の中で一番好きな瞬間は、早朝に庭に出て、

冷たい湿気を帯びた朝の空気に身体を晒す時です。

幼稚な表現になってしまうのですが、

キャンプ場の朝の空気感みたいな、それが一番気持ちの良い時間です。

この時感じているのは「触覚」と「嗅覚」ですかね。

 

「空気に身体を晒す」という行為も「触覚」なんじゃないかと思うんです。

器や作品を見るときに、目で感じる情報ももちろん多いですが、

空気で感じるものも凄く多いんですよね。

ですので、空気感とか気配みたいなものを

感じてもらえるような作品を作れるようになりたいなと思って居ます。

 

____

 

 

始まります!!

 

【静岡】

2018年11月23日(金祝)〜12月2日(日)

キャトルエピス富士店・アトリエショコラ

http://www.quatre-epice.com/

静岡県富士市瓜島町152−2

 

 

.

 

| 五味五感展 2018 参加作家 | - | - |
「 五味五感展 」参加作家紹介 / 松本美弥子(陶磁)

 

 

 

 

 

 

 

「 五 味 五 感 展 」

 

2011年の春を過ぎた頃、はじめての五味五感を開催しました。

あれから7年が過ぎ、2018年11月より再び、五味五感を開催致します。

 

陶磁、木工、ガラス、金工など参加作家をご紹介致します。

 

 

まとめ記事

http://yuugao.jugem.jp/?eid=385

 

公式インスタグラム

instagram.com/gomigokan/

 

 

 

 

 

松本美弥子(陶磁)

http://www.jacinthe.jp/

instagram.com/jacinthe044/

 

 

*自己紹介

 

愛知県の扶桑という町で磁器の制作をしています。

白磁、銀や銅を焼きつける仕事を軸に食や花のためのうつわ、

ブローチやピアスなどの装身具、時折オブジェなどをつくっています。

暮らしの道具として、

使い手の大切にしているものを引き立てるようなものをつくりたいと思っています。

 

 

*五感について

 

だいたいはあやふやです。

たとえば何かを選ぶとき、なんとなく…という感覚に従うことがあり、

それはあまりに言葉たらずで五感の範囲外にも感じるし、

五感をフルに生かした結果のような気もしたり。。

この場合の「なんとなく」という言葉のあとには「いい」が付きます。

なんとなくいい、迷いではなく予感、いや直感。

でもそれを言葉にすることは難しく、、。

いつももごもごしてしまいます。

そういえばやきものを始めて磁器を選んだきっかけの

一つには手触りがあるかもしれません。

轆轤をひくときの触感がスルスルと気持ちよかったのです。

その感覚は私の内面にも心地よいリズムをつくり、

目に見えない部分を刺激しているような気がします。 

でもそれは決して手触りのせいだけではなくてそれをきっかけに

もっと絡み合っているに違いなく、、。

やっぱりいろいろはあやふやです。

でもこれからもその「なんとなく」で続けていくんだと思います。

 

 

____

 

 

始まります!

 

【静岡】

2018年11月23日(金祝)〜12月2日(日)

キャトルエピス富士店・アトリエショコラ

http://www.quatre-epice.com/

静岡県富士市瓜島町152−2

 

 

.

 

| 五味五感展 2018 参加作家 | - | - |
| 1/1PAGES |