ARCHIVES
CATEGORIES
月花蜜と深しの菓 <夏> / 茶会のお知らせ

 

 

 

 

 

月花蜜と、深しの菓  <夏>

 

清らかな花の蜜香と、日本茶の風味が織りなす「月花蜜」は、

夕顔と、茶屋すずわにより生まれた新たな茶。

 

「深し」とは 古語で「深い / 親密 / 季節がたけなわな様」を意味する言葉。

この度、月花蜜に深し菓子を菓子屋ここのつに特別に仕立てていただく

【 月花蜜と、深しの菓 】と名付けた茶会を行います。

 

場は夕顔。

時は8月30日。

皆さまのお越しを、ここのつとともにお待ちしています。

 

.

 

【 月花蜜と、深しの菓 】茶会

 

※各回ともに定員となりました。ご予約、ありがとうございます

 

<日時> 

8月30(金) 

1部: 13 : 00 - 14 : 00  満席

2部: 14 : 30 - 15 : 30  満席

3部: 16 : 00 - 17 : 00  満席

4部 :  17 : 30 - 18 : 30  満席

※完全予約制の茶会となります

 

 

<場所>

夕顔

東京都板橋区弥生町68−1

03(3956)2254 当日のみ直通

 

※地図はクリックで大きくなります

 

 

<内容>

・月花蜜 /  煎を重ね、香味の移ろいをお愉しみいただきます

・深しの菓  /  菓子屋ここのつによる特別菓子

・お土産 : 茶葉「月花蜜」 /  販売用・月花蜜 一袋の土産付き

 

 

<料金>

3500円(税込)

※ 振り込み前払い制となります

 

 

<ご予約方法> 

夕顔 藤間宛まで、下記mail アドレスよりお申し込み下さい

yuugatanoaoiajisai@gmail.com

 

件名を「 月花蜜と、深しの菓  」としていただき、

1:お名前

2:ご参加人数

3:参加希望の部

4:当日ご連絡のつくお電話番号

5:ご住所 

をご記入の上、 送信下さい

*パソコンからのメール受信が可能なアドレスをご使用願います

*複数でのお申し込みは2名様までとさせていただきます

(お申し込みの際は、全員のお名前を記してください)

*5日以内に返信をいたします

(5日以上返信のない場合、メールが届いていない可能性がある為、

お手数ですがお問い合わせください)

*満席となりました時点で、受付を終了とさせて頂きます

 

.

 

<お願い>

限られた席で みなさまとより良い時間を過ごせるよう、

当日にむけ 場・時・素材、心持ちを整え、会の支度をしています

・恐れ入りますが、ご予約後のキャンセルは理由の如何を問わずお受けできません

・香り・音・空間は、食事をする上で とても大切な要素と考えています

    当日は香水等のご利用はお控えください

    お近くのお客様のご迷惑となるような、大きな声での会話はご遠慮ください

・写真撮影は店舗外観のみとさせていただいております

・みなさま揃ってから会をはじめます。開始時間までには必ずお越しください

・未成年者の方は成人されてからのご来店をお待ちしています

 

 

..

 

みなさまとご一緒させていただく時間を、

今から愉しみにしております。

 

 

.

 

| - | - | - |
夏果の食事会

 

 

 

 

 

 

太陽のように鮮やかに

果実の滴り、輝く滋味。

七月・八月。

夏果実を料理に交えた食事会を行います。

 

一人一人の内に、瑞々しい花を手向けるように

食を通し囲む時間と出会いに、夏の恵みを宿し、供えるように。

料理を仕上げる その手元からお愉しみいただく時間をご用意して、

皆さまのお越しをお待ちしています。

 

.

 

「 夏果 -かか- の食事会 」

 

各回ともに定員となりました。ご予約、ありがとうございます

 

<日時> 

7月27(土)満席

    28(日)満席

 8月  3(土)満席

     4(日)満席

    11(日)満席

    12(月・祝)満席

      17(土)満席

      18(日)満席

 

 

18:00〜

約2時間半ほどを予定

※お食事の進み具合により、終了時刻が前後する場合がございます

※完全予約制の食事会となります

 

<場所>

夕顔

東京都板橋区弥生町68−1

03(3956)2254 当日のみ直通

 

 

 

 

 

 

地図はクリックで大きくなります

 

<品書き>

 

・香湯

 

・一の料理

 

・二の料理

 

・三の料理

 

・小休止の茶

 

・飯物

 

・甘味

 

・結びの茶

 

※別途となりますが、お飲み物のご用意がございます

(アルコール・ノンアルコールよりお選びいただけます)

 

<料金>

8000円(税込)

 

<ご予約方法> 

夕顔 藤間宛まで、下記mail アドレスよりお申し込み下さい

yuugatanoaoiajisai@gmail.com

 

件名を「 夏果の食事会」としていただき、

1:お名前

2:ご参加人数

3:参加希望日(可能な場合は、第二希望まで)

4:当日ご連絡のつくお電話番号

5:ご住所 

をご記入の上、 送信下さい

 

*パソコンからのメール受信が可能なアドレスをご使用願います

*複数でのお申し込みは2名様までとさせていただきます

(お申し込みの際は、全員のお名前を記してください)

*3日以内に返信をいたします

(3日以上返信のない場合、メールが届いていない可能性がある為、

お手数ですがお問い合わせください)

*満席となりました時点で、受付を終了とさせて頂きます

 

 

.

 

 

<お願い>

夕顔では、限られた席で みなさまとより良い時間を過ごせるよう、

当日にむけ 場・時・素材、心持ちを整え、会の支度をしています

・恐れ入りますが、ご予約後のキャンセルは理由の如何を問わずお受けできません

万が一のキャンセルの場合は、代理の方を立てていただけたら幸いです

 

・香り・音・空間は、食事をする上で とても大切な要素と考えています

当日は香水等のご利用はお控えください

 

・近くのお客様のご迷惑となるような、大きな声での会話はご遠慮ください

 

・食事会中の写真撮影はご遠慮願います

 

・コース形式での食事会となります

みなさま揃って料理をご提供させていただきますので、

開始時間までには必ずお越しください

 

ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします

.

.

 

| - | - | - |
冷茶【 月花蜜 】 / 夏は、水出しがおすすめ

 

 

 

 

 

 

夕顔 藤間夕香がディレクションをし、

静岡で古くより茶業を営む「 茶屋すずわ 」

茶葉の選定から合組、生産を行う 【 月花蜜 】夕顔の茶

 

夏は、冷たいお茶が恋しくなる季節ですね。

月花蜜は【 冷茶 】としてもおたのしみいただけます。

水出しで、手軽に美味しく、仕上がりますよ。

 

【 水出しの方法 】 

・水 400ccに対して

・茶葉 5gを入れ

冷蔵庫にて一晩抽出(6時間〜8時間)

※抽出後はお早めに召し上がってください

※水は、カルキを抜いた軟水の使用をおすすめします

 

.

 

澄んだ蜜色の水色。

鼻に抜ける清々しい蜜香、舌の上で溶ける日本茶の風味。

身体の中に風が通るような味わいをお愉しみください。

 

.

 

世界で、ただ一人の生産者さんにより作られた希少茶葉と、

手をかけて大切に作られた特別な茶・白葉茶の交わり。

共に静岡県産の茶葉、日本茶の新たな提案です。

 

月花蜜は、茶屋すずわの店舗・ネットショップにて販売しております

※こちらよりご覧いただけます→ 

 

夕顔でも、催し日を中心に、継続的に販売しております。

 

.

 

【 月花蜜 つきはなみつ  夕顔の茶 】

名称   発酵茶 月花蜜
原材料名 緑茶(後発酵茶+白葉茶)
原産地  静岡県産
内容量  30g

在来実生種/釜炒り/後発酵/白葉茶

 

価格        1944円(税込)

 

.


「 淹れ方 」1人分
1. 急須に茶葉3gを入れる
2. 80℃のお湯を120cc注ぐ
3. 急須にフタをして90秒待つ
4. 旨味が豊富な最後の一滴まで絞り切るように淹れる
5. 2煎目は90〜95℃のお湯を注ぎ70秒待つ

* 湯の温度調整について *
沸騰した湯を、湯冷まし又は湯のみに移すことで、

約10℃ 湯の温度を下げることができます
一度移し替えることで 約10℃温度が下がるので、

1煎目は2度移し替え、2煎目は1度移し替えてください

 

.

 

料理を作る時「香り」という要素を最も大切にしています。
中でも「茶」というものは、香りの最たるものと感じます。
夕顔が茶に求める香味を、
静岡で古くから茶業を営む「茶屋すずわ」が 特別な「茶」として仕上げました。

このお茶の香味が誘う情景を想う。
月夜の静寂に、香る花。
静けさに耳を傾けるように、立つ香りを味わう。
花の蜜を想わせる甘みを縁取る、マスカットのような瑞々しい芳香。
とけあう日本茶の風味。

一煎目:上品さ・穏やかさ
二煎目:豊かな馥郁

「月花蜜」は、
立つ香り(中国茶の要素)の中に、
甘みと風味(日本茶の要素)が絶妙なバランスで成り立つお茶です。
親しみを感じながらも、複雑な香味をお愉しみください。

【 月花蜜ができるまで 】
香りという要素を大切にしている料理家夕顔。
旨味を大切にする茶屋すずわ。

 

昨年度より2人でお茶を作り始めました.。

夕顔 藤間夕香がディレクションし、

茶屋すずわが茶葉の選定から合組、生産を行います。

パッケージデザイン・イラストは、

長く夕顔の料理を描いている山口洋佑 が担当しました。

 

月花蜜を作るにあたりイメージした情景は、

「 月夜の静寂に香る花、花からは、清く甘い蜜が滴る 」

パッケージは、月に因んだ花「月下美人」をモチーフとし、

花びらから蜜が滴り、月に落ち 静かに満ちゆく場面が描かれています。

 

(以下、茶屋すずわより)

「高い香りと旨味に見合う茶を仕上げるため

本来の緑茶品種には含まれない強い花香を持つ在来実生種の茶(静岡産)を使用。

上記茶葉を作られている生産者さんは、世界でただ一人のみとなる希少な茶葉となります。

その茶葉を釡炒りし後発酵させたものと、

摘み取り前に99.99%日光を遮光し旨味成分が通常の煎茶の何倍も含まれる白葉茶(静岡産)を

独自の比率で合組し、夕顔さんと共に試行錯誤作った特別なお茶。
黒い茶殻に白く輝く茶葉、

花の蜜のように立ち昇る香り、口に広がる複雑な旨味、

ぜひ身体中で味わっていただけましたら幸いです。」

 

 

.

| - | - | - |
【 月花蜜 】夕顔の茶 / 販売開始

 

 

 

 

 

 

【 月花蜜 】夕顔の茶

夕顔 藤間夕香がディレクションをし、

静岡で古くより茶業を営む「 茶屋すずわ 」

茶葉の選定から合組、生産を行う茶。

 

2019年に産声をあげ

茶屋すずわの店舗と、オンラインストアでも販売が開始となりました。

夕顔でも、催し日を中心に継続的に販売しております。

 

.


料理を作る時「香り」という要素を最も大切にしています。
中でも「茶」というものは、香りの最たるものと感じます。
夕顔が茶に求める香味を、
静岡で古くから茶業を営む「茶屋すずわ」が 特別な「茶」として仕上げました。

このお茶の香味が誘う情景を想う。
月夜の静寂に、香る花。
静けさに耳を傾けるように、立つ香りを味わう。
花の蜜を想わせる甘みを縁取る、マスカットのような瑞々しい芳香。
とけあう日本茶の風味。

一煎目:上品さ・穏やかさ
二煎目:豊かな馥郁

「月花蜜」は、
立つ香り(中国茶の要素)の中に、
甘みと風味(日本茶の要素)が絶妙なバランスで成り立つお茶です。
親しみを感じながらも、複雑な香味をお愉しみください。

 

.

 

 

【 月花蜜 つきはなみつ  夕顔の茶 】

名称   発酵茶 月花蜜
原材料名 緑茶(後発酵茶+白葉茶)
原産地  静岡県産
内容量  30g

在来実生種/釜炒り/後発酵/白葉茶

 

価格        1944円(税込)

 

.


「 淹れ方 」1人分
1. 急須に茶葉3gを入れる
2. 80℃のお湯を120cc注ぐ
3. 急須にフタをして90秒待つ
4. 旨味が豊富な最後の一滴まで絞り切るように淹れる
5. 2煎目は90〜95℃のお湯を注ぎ70秒待つ

* 湯の温度調整について *
沸騰した湯を、湯冷まし又は湯のみに移すことで、

約10℃ 湯の温度を下げることができます
一度移し替えることで 約10℃温度が下がるので、

1煎目は2度移し替え、2煎目は1度移し替えてください

 

【 水出し方法 】
水400cc に対して茶葉5gを入れ

冷蔵庫にて一晩抽出(6〜8時間)
※水はカルキを抜いた軟水のものを使用し、

抽出後はお早めに召し上がってください

 

.
【 月花蜜ができるまで 】
香りという要素を大切にしている料理家夕顔。
旨味を大切にする茶屋すずわ。

 

昨年度より2人でお茶を作り始めました.。

夕顔 藤間夕香がディレクションし、

茶屋すずわが茶葉の選定から合組、生産を行います。

パッケージデザイン・イラストは、

長く夕顔の料理を描いている山口洋佑 が担当しました。

 

月花蜜を作るにあたりイメージした情景は、

「 月夜の静寂に香る花、花からは、清く甘い蜜が滴る 」

パッケージは、月に因んだ花「月下美人」をモチーフとし、

花びらから蜜が滴り、月に落ち 静かに満ちゆく場面が描かれています。

 

(以下、茶屋すずわより)

「高い香りと旨味に見合う茶を仕上げるため

本来の緑茶品種には含まれない強い花香を持つ在来実生種の茶(静岡産)を使用。

上記茶葉を作られている生産者さんは、世界でただ一人のみとなる希少な茶葉となります。

その茶葉を釡炒りし後発酵させたものと、

摘み取り前に99.99%日光を遮光し旨味成分が通常の煎茶の何倍も含まれる白葉茶(静岡産)

独自の比率で合組し、夕顔さんと共に試行錯誤作った特別なお茶。
黒い茶殻に白く輝く茶葉、

花の蜜のように立ち昇る香り、口に広がる複雑な旨味、

ぜひ身体中で味わっていただけましたら幸いです。」
 

.

日々の中、少しでも特別な時間を過ごす。

その時間の積み重ねこそが人生を豊かにすると考えています。

茶の香味・杯に残る余韻が

心を満たし、気持ちを整える一杯となるように。

【 月花蜜 つきはなみつ 】、

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

.


【 茶屋すずわ 】(茶屋すずわHPより引用)

茶屋すずわを営む鈴和商店は、

江戸末期に日本一の茶産地静岡の地で嘉永元年に創業し、

現代まで170年こだわりのお茶を作り続けてきました。

当店の最大のこだわりは、伝統の合組技術です。 
単一農園ではけして味わえない、

飲んだ瞬間の口に広がる香りとそして飲んだ後に残る余韻の長さは

お茶の奥の深さを五感で感じられます。

急須から出るお茶の色、そしてのど越し、薫り、鮮度を見て、飲んで感じて下さい。

またお茶は自然の作物ですので、毎年同じ場所で作っても毎年同じ味にはなりません。

仕入れは、当社茶師が厳選して選び、

そのお茶の持つポテンシャルを最大限引き出すよう仕上げております。
毎年、自分達の納得いく味になるまで何十回とサンプルを作り、

入念にテイスティングを行っております。

『 現代の茶屋、人々の暮らしになくてはならない大切で優しい寛ぎの存在 』

をコンセプトに、お茶とそのまわりの物を扱う小さな店を

茶工場内に平成29年にオープンしました。

経歴
嘉永元年(1848)初代鈴木和吉が創業
昭和46年 日本国天皇より3代目鈴木正一が藍綬褒章を受賞
昭和55年 日本国天皇より3代目鈴木正一が勲四等瑞宝章を受賞
昭和61年 第22回静岡茶品評会にて、農林水産大臣賞を受賞
平成元年 第24回静岡茶品評会にて農蚕園芸局長賞を受賞 
平成9年 第33回静岡茶品評会にて日本茶業中央会長賞を受賞 
平成10年 第34回静岡茶品評会にて農林水産大臣賞を受賞 
平成11年 第35回静岡茶品評会にて静岡県知事賞を受賞 
平成14年 第38回静岡茶品評会にて農林水産大臣賞を受賞 
平成15年 第39回静岡茶品評会にて静岡県知事賞を受賞 
平成19年 第43回静岡茶品評会にて農林水産省生産局長賞を受賞
平成29年 茶工場内に店舗オープン
平成30年 世界緑茶コンテスト金賞受賞
日本茶アドバイザー、日本茶インストラクター在籍

茶屋すずわ
〒420-0011
静岡県静岡市葵区安西3丁目68番地
TEL(054)271-1238

【 営業日 】平日10時〜16時半 第2.4土曜 11時〜18時

【 休業日 】木、土曜、日曜日、祝日 

 

 

 

..

 

 

 

 

| - | - | - |
月花蜜の茶席のこと

 

 

 

 

 

 

 

茶屋夕顔「 月花蜜の茶席 」

あれから、早くも一週間が経ちました。

準備期間を含めた当日開催まで、

多くを込めた茶席でしたので、まだまだ濃密のまま今に至ります。

(こうして文章にするまでには、やはり一定の時間がかかります)

 

今回は、夕顔がディレクションをし、

茶葉の選定・合組・生産を茶屋すずわが行う

【 月花蜜 つきはなみつ 】夕顔の茶

お披露目となる茶席でもありました。

 

季節の情景を「香り」「姿」「味わい」「温度」に重ね、料理として表す夕顔ですが、

中でも「香り」というものを最も大切にしています。

想い描く情景と、料理を繋ぐ大きな要素・役割が「香り」なのです。

 

以前より「茶」の持つ香味に強く惹かれていました。

「一服する」という言葉もあるように、

茶を淹れ、味わう時間は「場と気持ちを整え、時の流れを変えるもの」と感じています。

漂う香りには、時空を少し変えるような魔力がある。

 

私の中で、そんな「香りの最たるもの」である茶で、

想い描く情景を表せたら... という願い・希望に応えて下さったのが、

茶所・静岡の地で、100年以上に渡って茶業を営む「茶屋すずわ」さんでした。

 

こうして二人で形にしていった「 月花蜜 」

描いた情景は、

【 月夜の静寂に香る花。花からは、清く甘い蜜が滴る 】

 

花の蜜を想わせる甘味を縁取る、マスカットのような瑞々しく清らかな芳香。

とけあう日本茶の風味。

 

一煎目:上品さ・穏やかさ

二煎目:豊かな馥郁

 

日本茶の新たな提案。

立つ香り(中国茶の持つ要素)の中に

甘味と風味(日本茶の持つ要素)が絶妙なバランスで成り立つお茶です。

 

※月花蜜 茶葉は、

茶屋すずわさん店舗とネットショップにて、お求めいただけます。

夕顔では 催し日を中心に、継続的に販売してゆきます。

 

.

 

今年で4度目の「茶屋 夕顔」では、

この月花蜜をVillage 参加作家の茶器で味わっていただく茶席を作りました。

【 Village 】は、ARTS&CRAFT静岡が主催する、

三島市・楽寿園で年に一度開催される催しです。

「茶屋 夕顔」は、園内にある登録有形文化財・二階建ての数奇屋造り「梅御殿」にて、

Village 参加作家の作品と、夕顔の作るものや情景と、季節を繋ぐ役割を担っています。

 

月花蜜の茶席を、茶器で支えて下さった11名の作家さま。

茶の水色の映える杯をご用意いただきました。

月花蜜のイメージに繋ぐように杯を形作って下さった方もいらして嬉しいかぎり。

河合さんは、杯に合わせた急須と片口を、

石川さんには、杯に合わせた急須をご用意いただきました。

 

<協力作家さま>

河合竜彦さん(急須・片口・茶杯)

石原ゆきえさん(茶杯)

松本美弥子さん(茶杯)

大隅新さん茶杯)

谷井直人さん(茶杯)

荻野善史さん(茶杯)

古谷浩一さん(茶杯)

藤村佳澄さん(茶杯)

北川和喜さん(茶杯)

大堀有崇さん(茶杯)

石川隆児さん(急須・茶杯)

 

.

 

今回の「月花蜜の茶席」の記事を、

ライターの 米澤あす香さん が書いてくれました。

こちらよりご覧いただけます →

茶屋夕顔では、3度目。裏方をサポートしてくれた米澤さんの書く目線。

茶席の流れ・場の空気と臨場感。

文章から参加する茶席、どうぞお愉しみください。

(米澤さんは、

「五味五感の食事会ルポルタージュ」も手がけているのですよ)

 

.

 

最後になってしまいましたが、

月花蜜の茶席へご参加下さいました皆さま、

多くのサポートをして下さった Villageスタッフの皆さま、

茶器のご協力をいただいた作家さま、

 

そして、

ともに【 月花蜜 】を創ってきた 茶屋すずわさん。

 

ありがとうございました。

溢れる感謝とともに

 

 

令和元年 ・ 初夏

夕顔  藤間夕香

 

.

 

「 月花蜜の茶席のこと 」

撮影:大野写真研究室

 

.

| - | - | - |
| 1/77PAGES | >>