ARCHIVES
CATEGORIES
夕顔食事会「 五味五感 」於 nice things.(2019年1月開催)

 

 

 

 

 

 

「 五味五感 展」は、

夕顔の季節の料理を軸に、絵と音楽と工芸の作家とともに開催される展示会です。
料理が繋ぐ、五味五感。

食事を愉しむ時間は、見て、聴いて、触れて、味わい、香ること。

連なるように、料理は絵となり、音になり、愛用の器・カトラリーへと広がる。

 

11月末の静岡を皮切りに、

年明け1月に東京「nice things.」

2月に栃木「pejite」と、3つの会場を巡回してゆきます。

全ての会期中に行う【 夕顔食事会 " 五味五感 " 】では、

冬の情景を「五味」と「五感」に重ねた料理を

コース仕立てで、参加作家の器・カトラリーで愉しんでいただきます。

夕顔で行っている食事会で、いつも大活躍の頼もしき相棒たち。

勢ぞろいでご紹介できる機会が嬉しい。

もちろん、絵も音も、交えた時間となりますよ。

 

冬の情景を、一皿一皿の料理に宿す。

冬に向け、大切にあたためてきたこの機会。

五味五感へ寄せた特別な時間を、どうぞ味わいにいらしてください。

 

1月。

nice things. 併設ギャラリーにてお待ちしています。

 

※【五味五感 展】参加作家については、こちらでご紹介しています→ 

 

...

 

夕顔食事会「 五味五感  」

於:東京会場 / nice things.

 

※各回とも定員となりました。ご予約、ありがとうございます。

<日時>

・1月13(日)

・1月14(月祝)

・1月16(水)

各日 19:00〜  各回 2時間半ほどを予定

※完全予約制となります

 

<場所>

nice things. 併設ギャラリー「 GALLERT_VELLEY 」

東京都港区西麻布2−22−5

問い合わせの電話番号 :

080−6514−7162(夕顔 藤間)

 

<品書き>

 

・香湯

 

・林檎と里芋、牛蒡の自家製番茶オイル和え

 

・白の冬野菜 みぞれ炊き

 

・旬魚と芋餅の蒸し物  月桃茶あん

 

・季節のちまき

 

・季節の甘味

 

・結びの茶

 

※仕入れ状況により、一部変更となる場合がございます

 

<料金>

8000円(税込)

別途となりますが、料理に合わせたお酒・ノンアルコールをご用意しています

 

 

<ご予約方法> 

夕顔 藤間宛まで、下記mail アドレスよりお申し込み下さい

yuugatanoaoiajisai@gmail.com

 

件名を「 五味五感の食事会」としていただき、

1:お名前

2:ご参加人数

3:参加希望日(可能であれば第2希望まで)

4:当日ご連絡のつくお電話番号

5:ご住所 

をご記入の上、 送信下さい

*パソコンからのメール受信が可能なアドレスをご使用願います

*3日以内に返信をいたします

3日以上返信のない場合、メールが届いていない可能性がある為、

お手数ですがご連絡ください

 

<お願い>

夕顔では、

限られた席で、みなさまとより良い時間を過ごせるよう

当日にむけ 場・時・素材、心持ちを整え、会の支度をしています

 

・ご予約後のキャンセルは、恐れ入りますがお受けできません

万が一 キャンセルの場合、代理の方にお席を託していただけたら幸いです

(難しい場合は、開催日2週間前よりキャンセル料として全額を頂戴いたします)

 

・香り・音・空間は、食事をする上で とても大切な要素と考えています

当日は香水等のご利用はお控えください

 

・食事会中の写真撮影はご遠慮願います

 

・コース形式での食事会となります

みなさま揃ってから、料理の提供をはじめます

開始時間 5分前までには必ずお越しくださいませ

※開始時間 10分前 より開場いたします

 

ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします

.

.

 

 

| 五味五感展 2018 食事会のこと | - | - |
夕顔のおせち 2019、ご予約受付をはじめます

 

 

 

 

 

 

15年目の恒例となりました【 夕顔のおせち 】
定番の「 桐 」の二段重箱入りおせち に加え

陶芸家・田村文宏さんによる

「 安南重箱 」入りおせちをご用意いたします

 

毎年、夕顔のおせちへよせ 制作していただいているオリジナル二段重箱

本年は「 安南 」でお願いしました

蓋には、田村さんが手がけた印判で「花文」「瓔珞文」が施されています

 

 

 

 

安南とはベトナム北部の呼称

安南の焼き物は、自然美にも通じるような おおらかな風情に溢れます

日本には 戦国〜江戸時代に伝わり、茶人が好んだ焼き物と云われています

この度の安南重箱は、

田村さんがご自身で採取・配合された愛知県瀬戸市の白土をベースとした、

灰白色で固く焼き締まる土を使用

蓋には、安南の皿や合子を参考に

アレンジされた花文・瓔珞文の印判が押されています

藍色に近い、落ち着いた色味の呉須による濃淡の模様には、何ともいえぬ情緒が宿ります

大豆灰を原料とした透明釉をかけた、あたたかみのある仕上がり

 

おせちをお召し上がりいただいたあとも

日々の食卓では、器 / 銅鑼鉢 として、様々な料理を包み ひきたててくれる

愉しみ広がるつくりとなっております

 

.

 

{ おせちについて }
おせち料理は、ひと品ひと品に、げんをかつぐ言葉遊びやいわれがあり、

年のはじめにその一年の健康や繁栄を願います
冬のお野菜が一層美味しくなる年の瀬に、ひとつひとつ願いを込めてお作りしております

 

 

◯ 桐の二段重箱入り (2〜3人前) 

¥18000(税込 / 振込前払い制)

一段のサイズが 縦17.5cm   横17.5   高さ5cm の二段重箱

※用意数に達したため受付を締め切りました

 

 

◯ 安南二段重箱入り(2〜3人前)

¥40000(税込 / 振込前払い制)

一段のサイズが 径 約19.5cm  高さ 約4.5cm の二段重箱

※用意数に達したため受付を締め切りました

 

※それぞれ、用意数に達した時点で

締め切り日前でもご予約受付を締め切らせていただきます事、ご了承下さい

 

 

{ おせちの内容 } 

・黒豆煮  ・昆布巻  ・伊達巻

・田作り  ・栗きんとん  ・ごぼうの金平

・お煮しめ  ・紅白かまぼこ  ・酢れんこん 

・紅白なます  ・紅かぶらの甘酢漬

・松前漬け  ・鱈と銀杏のかぶら蒸し 

・百合根の麦味噌田楽  ・金柑の蜜煮  以上、15種類です

*桐・安南ともに同じ内容となります

 

※本年も、ひとつひとつ手縫いの風呂敷にお包みし、南天の実を飾ってお渡し致します

※おせちに入っているお料理ひと品ひと品のいわれを記したお手紙を同封致します

 

 

 

田村さんによる「 安南二段重箱 」

日々の食卓では、

お惣菜や一品料理を盛りつけて

という使い方も愉しいです

蓋があるので、

食材を乾燥から守ってくれるのも嬉しいですね

 

..

 

{ ご注文方法 }

・おせちは数量限定でのご予約販売となります

 

・ご予約は下記メールにてお願いいたします

件名を「おせち予約」としていただき、

1. ご氏名

2. 電話番号

3. ご住所(郵便番号もお願いします)

4. 重箱の種類(桐 or 安南)と 数量

をお知らせ下さい

折り返しのご連絡をさせていただきます

その後、指定口座まで代金の振込をお願いいたします

 

・ご予約締切は 12月10日までとなります

(用意数に達した時点で、締め切り日前でもご予約受付を締め切らせていただきます)

 

お引き渡しは 12月31日 15時〜18時、夕顔 店頭での
お渡しのみとさせて頂きます(配送・配達はいたしておりません)

 

・ご予約後のキャンセルは承っておりません

 

*本年、田村文宏さんによる二段重箱入りおせちを

お買い求めいただいたお客さまは、来年以降、重箱ご持参で料理をお詰めいたします

 

◎ 以前、田村さんの焼き物の重箱 / 橘 友博さんの木製重箱入りおせちをお買い求めいただいたお客さまへ

重箱ご持参で 16000円(税込・振込前払い制)にて、料理をお詰めいたします

・料理のご予約は12/10日までにお願いいたします 

(用意数に達した時点で、締め切り日前でも受付を

締め切らせて頂く場合がございます。お早めのご連絡をいただけましたら幸いです)

・重箱は12/31日の受け渡し時間内にご持参下さい

料理はその場でお詰めいたします

・手縫いの風呂敷にお包みし、南天の実を飾り、いわれのお手紙を添えてお渡しいたします

 

 

○ご予約とお問い合わせ

yuugatanoaoiajisai@gmail.com 藤間まで

どうぞよろしくお願いいたします

お引き渡し場所:

夕顔

東京都板橋区弥生町68−1

↓地図はクリックで大きくなります


 

 

..

 

今年もこの時間を過ごせることへ

感謝をこめて


皆さまからのご予約、心よりお待ち致しております  

       

 

 

 

..

| - | - | - |
五味五感展

 

 

 

 

 

 

 

2011年の春を少し過ぎた頃、初めて「五味五感 展」を開催しました。
あれから7年と少し。

2018年、再び「五味五感 展」を開催します。

 

「 五味五感 展」は、

夕顔の季節の料理を軸に、絵と音楽と工芸の作家とともに開催される展示会です。
料理が繋ぐ、五味五感。

食事を愉しむ時間は、見て、聴いて、触れて、味わい、香ること。

連なるように、料理は絵となり、音になり、愛用の器・カトラリーへと広がる。

11月末の静岡を皮切りに年を跨いで、

1月・東京。2月・栃木と、3つの会場を巡回していきます。

各会場では、山口洋佑さんによる料理のイラストの展示。

ユキシュンスケさんによる、本展サウンドトラックの販売。

夕顔が日々愛用している工芸の作家さんの器・カトラリーを展示販売いたします。

3つの会場全てで、会期中に行う【 夕顔食事会 " 五味五感 " 】では、

参加作家の器・カトラリーで季節の料理を贅沢に愉しんでいただきます。

作品の体験の場としても、提案してゆきます。

 

見て聴いて触れて味わい香る、五味五感。

皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

 

 

◯会期

 

【東京】

2019年1月11日(金)〜1月20日(日)

nice things.

https://nicethings.jp/

東京都港区西麻布2−22−5

※併設ギャラリー「 GALLERT_VELLEY 」にて開催

食事会:1.13 (日) 14 (月・祝)16(水)

夜の部 19:00〜   各回 約2時間半を予定

※詳細・ご予約方法はこちらをご覧ください →

ご予約受付開始日:12.13(木)正午〜を予定

 

 

 

【栃木】

2019年2月9日(土)〜2月17日(日)

pejite

http://www.pejite-mashiko.com/

栃木県芳賀郡益子町益子973−6

食事会:2.9 (土) 10(日)

夜の部 19:00〜   各回 約2時間半を予定

※詳細は追ってお知らせいたします

ご予約受付開始日:1.9(水)正午〜を予定

 

 

 

【静岡】

※静岡会場での会期は終了しました

キャトルエピス富士店/アトリエショコラ

http://www.quatre-epice.com/

静岡県富士市瓜島町152−2

 

 

◯工芸作家

 

ー陶磁ー

 

 

田村文宏

 

 

松本美弥子

 

 

SŌK鈴木絵理加

 

 

ーガラスー

 

 

三浦侑子

 

 

liir森谷和

 

 

ー木工ー

 

 

只木芳明

 

 

pejiteオリジナル

 

 

ー金工ー

 

 

yuta須原健夫

 

 

◯料理

 

 

夕顔 藤間夕香

 

 

◯イラスト&DMデザイン

山口洋佑

 

◯サウンドトラック

ユキシュンスケ

 

 

主催:手創り市

企画:夕顔藤間夕香・手創り市名倉哲

協力:大野写真研究室

 

 

 

| 五味五感展 2018 参加作家 | - | - |
「 五味五感展 」参加作家紹介 / pejiteオリジナル(木工)

 

 

 

 

 

 

「 五 味 五 感 展 」

 

2011年の春を過ぎた頃、はじめての五味五感を開催しました。

あれから7年が過ぎ、2018年11月より再び、五味五感を開催致します。

 

陶磁、木工、ガラス、金工など参加作家をご紹介致します。

 

 

まとめ記事

http://yuugao.jugem.jp/?eid=385

 

公式インスタグラム

instagram.com/gomigokan/

 

 

 

 

 

pejiteオリジナル

http://www.pejite-mashiko.com/

instagram.com/explore/tags/pejite

 

 

*自己紹介

 

栃木県益子町にて店舗を構え、日本のアンティーク家具、うつわ、衣類など、手仕事が感じられる品々を扱っております。

今回出品させて頂くオリジナルの木皿は、サイズも形も材もそれぞれ異なります。

欠けや節など古材の特性を生かしながら、素材の魅力が引き立つよう製作しております。

 

 

*五感について

 

特別意識はしておりませんが、心身共に常にオープンな感覚を心掛けている気がします。

ONもOFFもなく、仕事の中に“遊び”があり、遊びの中に“仕事”がある感じです。

( 店主 / 仁平 透 )

 

 

____

 

 

始まります!

 

【静岡】

2018年11月23日(金祝)〜12月2日(日)

キャトルエピス富士店・アトリエショコラ

http://www.quatre-epice.com/

静岡県富士市瓜島町152−2

 

 

.

 

 

| 五味五感展 2018 参加作家 | - | - |
「 五味五感展 」参加作家紹介 / 田村文宏(陶磁)

 

 

 

 

 

 

「 五 味 五 感 展 」

 

2011年の春を過ぎた頃、はじめての五味五感を開催しました。

あれから7年が過ぎ、2018年11月より再び、五味五感を開催致します。

 

陶磁、木工、ガラス、金工など参加作家をご紹介致します。

 

 

まとめ記事

http://yuugao.jugem.jp/?eid=385

 

公式インスタグラム

instagram.com/gomigokan/

 

 

 

 

田村文宏(陶磁)

http://tamurafumihiro.jp/

instagram.com/fumihiro.tamura/

 

 

*自己紹介

 

1978年         愛知県岡崎市生まれ
2004年         瀬戸窯業高等学校陶芸専攻科卒業
2005年 / 2006年   ホンジュラス共和国にて窯業サポート
2010年 / 12年 / 14年 カンボジアにて窯業サポート
             現在、愛知県岡崎市で制作   

 

 

*五感について

五感を通じて得た記憶や感情をかたちにしていきたいと思っています。

 

 

____

 

 

始まります!

 

【静岡】

2018年11月23日(金祝)〜12月2日(日)

キャトルエピス富士店・アトリエショコラ

http://www.quatre-epice.com/

静岡県富士市瓜島町152−2

 

 

.

 

| 五味五感展 2018 参加作家 | - | - |
| 1/75PAGES | >>