ARCHIVES
CATEGORIES
夕顔のおせち2019/ ご予約受付をはじめます

 

 

 

 

 

 

 

 

16 年目の恒例となりました【 夕顔のおせち 】

定番の「 桐の二段重箱入り 」おせちの販売をいたします。

 

お重箱は、一段のサイズが 縦17.5cm 横17.5cm 高さ5cm 

内側も全て桐製の二段重箱です。

しっかりとしたつくりとなっていますので、

おせちをお召し上がりいただいた後も、

日々のなか 様々の用途でお愉しみいただけます。

例えば  裁縫箱、文具箱、文箱として。私も長年愛用しています。

 

桐の重箱入りおせちは、

「夕顔のおせち」の原点となるもの。

本年は、陶芸家・田村文宏さんによる

夕顔オリジナル重箱のおせちはお休みとなり、原点へかえる年。

冬のお野菜が一層美味しくなる年の瀬に、

ひと品ひと品、願いを込めてお作りいたします。

皆さまからのご予約、お待ちいたしております。

 

.

 

{ おせちについて }

おせち料理は、ひと品ひと品に、げんをかつぐ言葉遊びやいわれがあり、

年のはじめにその一年の健康や繁栄を願います。

 

◯ 桐の二段重箱入り (2〜3人前) 

¥20000(税込 / 振込前払い制)

一段のサイズが 縦17.5cm   横17.5   高さ5cm の二段重箱

※ご予約締め切り日:12月5日(木)

用意数に達した時点で、

締め切り日前でもご予約受付を締め切らせていただきます事、ご了承下さい

 

{ おせちの内容 } 

・黒豆煮  ・昆布巻  ・伊達巻

・田作り  ・栗きんとん  ・ごぼうの金平

・お煮しめ  ・紅白かまぼこ  ・酢れんこん 

・紅白なます  ・紅かぶらの甘酢漬

・松前漬け  ・鱈と銀杏のかぶら蒸し 

・百合根の麦味噌田楽  ・金柑の蜜煮  以上、15種類です

 

※風呂敷にお包みし、南天の実を飾ってお渡し致します

※おせちに入っているお料理ひと品ひと品のいわれを記したお手紙を同封致します

 

 

◯ 夕顔の茶「 月花蜜 つきはなみつ 」とあわせてのご予約も承ります

夕顔が、静岡で長年茶業を営む「茶屋すずわ」と作った香る日本茶・月花蜜。

お正月のおめでたい席での団欒やひと息に、

清らかな花の蜜を想わせる甘味を縁取る、マスカットのような瑞々しい芳香。

とけあう日本茶の風味。茶杯に残る余韻までお愉しみください。

 

「 月花蜜 つきはなみつ 」 ひと袋  30g入り 

¥1944(税込み / 上記おせちのご注文とあわせて・振込前払い制)

※月花蜜についての詳細はこちらより→

 

..

 

{ ご注文方法 }

・おせちは数量限定でのご予約販売となります

 

・ご予約は下記メールにてお願いいたします

件名を「おせち予約」としていただき、

1. ご氏名

2. 電話番号

3. ご住所(郵便番号もお願いします)

4. おせちの数量(月花蜜とあわせてご注文の場合は、月花蜜の数量も記して下さい)

をお知らせ下さい

折り返しのご連絡をさせていただきます

その後、指定口座まで代金の振込をお願いいたします

 

・ご予約締切は 12月5日(木)までとなります

(用意数に達した時点で、締め切り日前でもご予約受付を締め切らせていただきます)

 

お引き渡しは 12月31日 15時〜18時、夕顔 店頭での
   お渡しのみとさせて頂きます(配送・配達はいたしておりません)

 

・ご予約後のキャンセルは承っておりません

 

*パソコンからのメール受信が可能なアドレスをご使用願います

*3日以内に返信をいたします

(3日以上返信のない場合、メールが届いていない可能性がある為、

お手数ですがお問い合わせください)

 

・資材の高騰により、価格を改定させていただいております

 

 

 

◎ 以前、田村さんの焼き物の重箱 / 橘 友博さんの木製重箱入りおせちをお買い求めいただいたお客さまへ

重箱ご持参で 18000円(税込・振込前払い制)にて、料理をお詰めいたします

・料理のご予約は12/5日(木)までにお願いいたします 

(用意数に達した時点で、締め切り日前でも受付を

締め切らせて頂く場合がございます。お早めのご連絡をいただけましたら幸いです)

・重箱は12/31日の受け渡し時間内にご持参下さい

料理はその場でお詰めいたします

・風呂敷にお包みし、南天の実を飾り、いわれのお手紙を添えてお渡しいたします

 

 

○ご予約とお問い合わせ

yuugatanoaoiajisai@gmail.com 藤間まで

どうぞよろしくお願いいたします

お引き渡し場所:

夕顔

東京都板橋区弥生町68−1

↓地図はクリックで大きくなります


 

 

..

 

今年もこの時間を過ごせることへ

感謝をこめて


皆さまからのご予約、心よりお待ち致しております  

       

 

 

 

..

| - | - | - |
日々是 月花蜜/茶会でお出しする茶菓子のこと

 

 

 

 

はじめての製法。

試作を重ね、美味しくできました。

「 日々是 月花蜜 」会期中に行う

“ 月花蜜の茶会 ” にてお披露目です。

 

茶菓子 ー無花果ー

無花果(秋果)の清らかな甘みと、

無花果の葉の香りを移した甘味。

ふわりとした食感の愉しさ。

お塩を効かせた蜜煮豆を添えて。

月花蜜の持つ、花のような蜜香との調和を召し上がれ。

 

🌜月花蜜の茶会 お誘い🌛

夕顔が作る季節の茶菓子と共に、

参加作家の茶器で月花蜜をお愉しみいただきます。

作家の茶器の使い心地・煎を重ねた茶の香味を、

流れる時間ごとお愉しみください。

参加作家 : 河合竜彦、谷井直人

 

●日時:

10月5日(土)

1部 : 11:00〜12:00  満席

2部 : 13:00〜14:00  満席

3部 : 15:00〜16:00  満席

 

10月6日(日)

1部 :  11:00〜12:00  満席

2部 : 13:00〜14:00   満席

3部 : 15:00〜16:00   満席

 

●内容:

・月花蜜 / 煎を重ね、香味の移ろいをお愉しみいただきます

・茶菓子(夕顔謹製)

 

●参加費 : 2000円

 

●場所: nice things. STORY 

東京都港区西麻布2-22-5

 

●月花蜜とは? 

料理を作る時「香り」という要素を最も大切にしています。

中でも「茶」というものは、香りの最たるものと感じます。

月花蜜の茶葉に込めた情景は、

『月夜の静寂に香る花。花からは、清く甘い蜜が滴る』

というもの。花の蜜を想わせる甘味を縁取る、マスカットのような瑞々しい芳香と、

とけあう日本茶の風味をお愉しみいただけます。

 

※茶会の詳細・ご予約方法は、こちらより

展示会の詳細はこちらより→

 

 

.

| - | - | - |
日々是 月花蜜月花蜜 /谷井直人さんのこと

 

 

 

 

 

月花蜜の展示会

「 日々是 月花蜜 」

茶香をきき、暮らしへ繋ぐ

 

夕顔 藤間夕香と、静岡で長年茶業を営む〈茶屋すずわ〉が

作った茶「月花蜜」の展示会を行います。

茶葉をはじめ、夕顔愛用の作家による茶器の展示販売をいたします。

参加作家 : 河合竜彦、谷井直人

 

会期 : 10月4日(金)〜10月7日(月)/各日 11:00 - 19:00

会場 : nice things. STORY

 

.

ご一緒させていただくみなさまを、

お一人づつご紹介してゆきます。

 

谷井直人さん は、

滋賀県・信楽にて作陶されています。

今展では、茶器(急須・宝瓶・片口・茶杯)を

展示販売いたします。

釉薬と形状の組み合わせ・フォルムの美しさに加え、

愉しさ(遊び心)が嬉しい茶器たち。

 

写真の銀彩の宝瓶は、

夕顔、すずわさん、共に愛用しています。

道具として使い心地が良いのはもちろんですが、

茶を淹れる行為やその時間まで豊かにしてくれる。

茶の水色が映える茶杯もどうぞたのしみに。

 

【 谷井直人 】プロフィール

信楽生まれ。現在も信楽にて創作活動中。

食器を中心とした陶器を得意としている。

1976  信楽生まれ

1996  信楽窯業試験場 大物ロクロ科卒

1997  京都府立陶工高等技術専門校 成形科卒

1998 兄と共に遊楽窯を開く

2007〜作家活動開始  個展や全国のクラフトイベントに出展

2017  独立  現在も個展や全国のイベントに出展

 

.

● INFORMATION 

 

「 日々是 月花蜜 」

茶香をきき、暮らしに繋ぐ

 

会期:2019年10月4日(金)〜7日(月)

時間:11:00〜19:00

場所:nice things.STORY/東京都港区西麻布2-22-5 1F

 

【 月花蜜の茶会 お誘い 】

夕顔が作る季節の茶菓子と共に、

参加作家の茶器を用いて月花蜜の煎を重ねていきます。

香味の移ろいをお愉しみください。

参加作家 : 河合竜彦、谷井直人


日時:

10月5日(土)6日(日)予約制

1部: 11:00〜12:00  

2部: 13:00〜14:00 

3部: 15:00〜16:00  

※残席わずかの部が増えてまいりました

ご検討いただいておりましたら、お早めのご予約をおすすめいたします

※茶会の席状況・ご予約方法はこちらより

 

内容:

・月花蜜 / 煎を重ね、香味の移ろいをお愉しみいただきます

・季節の茶菓子(夕顔謹製) 

 

参加費:man Seki 

 

お一人  2000円

 

場所:

 nice things. STORY 

東京都港区西麻布2-22-5

 

月花蜜とは? 

料理を作る時「香り」という要素を最も大切にしています。

中でも「茶」というものは、香りの最たるものと感じます。

月花蜜に込めた情景は、

【 月夜の静寂に香る花。花からは、清く甘い蜜が滴る 】というもの。

花の蜜を想わせる甘味を縁取る、マスカットのような瑞々しい芳香。

とけあう日本茶の風味。

一煎目:上品さ・穏やかさ / 二煎目:豊かな馥郁

立つ香り(中国茶の持つ要素)の中に、甘味と風味(日本茶の持つ要素)が

絶妙なバランスで成り立つお茶です。

世界でただ一人の生産家さんにより作られた希少茶葉と、

手をかけて大切に作られた特別な茶葉の交わり。味わっていただけますように。

 

※展示会の詳細はこちらより

 

 

 .

 

| - | - | - |
日々是 月花蜜/河合竜彦さんのこと

 

 

 

 

 

 

月花蜜の展示会

「 日々是 月花蜜 」

茶香をきき、暮らしへ繋ぐ

 

夕顔 藤間夕香と、静岡で長年茶業を営む〈茶屋すずわ〉が

作った茶「月花蜜」の展示会を行います。

茶葉をはじめ、夕顔愛用の作家による茶器の展示販売をいたします。

参加作家 : 河合竜彦、谷井直人

 

会期 : 10月4日(金)〜10月7日(月)/各日 11:00 - 19:00

会場 : nice things. STORY

 

.

 

ご一緒させていただくみなさまを、

お一人づつご紹介してゆきます。

 

河合竜彦さんは、

岐阜県で作陶されています。

白磁・貫入・粉引き。

作品の造形にぴたりと沿う、様々の “白” の表情に魅せられます。

今回は、茶器(急須・片口・茶杯)中心に、

茶を淹れる際「盆」としても使用できる大皿を展示販売いたします。

急須は、今展のために 日本茶用の急須を新たに製作いただきました。

 

造形の美しさとともに、機能美も兼ね備えた茶器たち。

ご自身も中国茶を日常で楽しむという河合さん。

急須の水切れ、茶杯の口当たり。ぜひ、体感しにいらして下さいね。

 

会期中の茶会は、

参加作家さん(河合竜彦さん、谷井直人さん)の茶器にてお愉しみいただきます。

急須・片口・茶杯。

茶を淹れる手元から、杯の口当たりまでご紹介できること、嬉しく思います。

※河合さんは 10/6(日)在廊されます

茶器のこと、製作のこと、直接お話できる機会となりますよ

 

【 河合竜彦 】プロフィール

大学卒業後、プロダクトデザインの仕事に就いたが、

更に丁寧な仕事をしたいという思いから陶器作家を目指す。

愛知県立窯業高等技術専門校を卒業し、現在では、

アシスタント業務の傍、制作活動を行なっている。

板状にした粘土から成形する技法を用いて、器や茶器を制作する。

https://www.instagram.com/1207hawaii/    


.

● INFORMATION 

 

「 日々是 月花蜜 」

茶香をきき、暮らしに繋ぐ

 

会期:2019年10月4日(金)〜7日(月)

時間:11:00〜19:00

場所:nice things.STORY/東京都港区西麻布2-22-5 1F

 

【 月花蜜の茶会 お誘い 】

夕顔が作る季節の茶菓子と共に、

参加作家の茶器を用いて月花蜜の煎を重ねていきます。

香味の移ろいをお愉しみください。

参加作家 : 河合竜彦、谷井直人

 

日時:

10月5日(土)6日(日)予約制

1部: 11:00〜12:00  

2部: 13:00〜14:00 

3部: 15:00〜16:00  

※残席わずかの部が増えてまいりました

ご来場のご予定がございましたら、お早めのご予約をおすすめいたします

※茶会の席状況、ご予約方法はこちらより

 

内容:

・月花蜜 / 煎を重ね、香味の移ろいをお愉しみいただきます

・季節の茶菓子(夕顔謹製) 

 

参加費:

お一人  2000円

 

場所:

 nice things. STORY 

東京都港区西麻布2-22-5

 

月花蜜とは? 

料理を作る時「香り」という要素を最も大切にしています。

中でも「茶」というものは、香りの最たるものと感じます。

月花蜜に込めた情景は、

【 月夜の静寂に香る花。花からは、清く甘い蜜が滴る 】というもの。

花の蜜を想わせる甘味を縁取る、マスカットのような瑞々しい芳香。

とけあう日本茶の風味。

一煎目:上品さ・穏やかさ / 二煎目:豊かな馥郁

立つ香り(中国茶の持つ要素)の中に、甘味と風味(日本茶の持つ要素)が

絶妙なバランスで成り立つお茶です。

世界でただ一人の生産家さんにより作られた希少茶葉と、

手をかけて大切に作られた特別な茶葉の交わり。味わっていただけますように。

 

※茶会の詳細・ご予約方法はこちらより

※展示会の詳細はこちらより

 

 

.

| - | - | - |
日々是 月花蜜/会場 : nice things.さんのこと



 

月花蜜の展示会

「 日々是 月花蜜 」

茶香をきき、暮らしへ繋ぐ

会期   10月4日(金)〜10月7日(月)

          11:00 - 19:00

会場   nice things. STORY

 

 

ご一緒させていただくみなさまのご紹介です。

 

会場のnice  things.さんは、

冬に「 五味五感展 」でもご一緒させていただきました。

(五味五感展は、夕顔の料理を軸にひろがる、器、絵、音楽を

五味と五感を通して表したもの。

大切にしている核をこめた展示会です)

 

人、もの、場所を丁寧に掬い、誌面で発信し続けるnice  things.さん。

香り立つような文章と写真は、いつまでも胸に残る。

誌面では、夕顔の仕事も複数回に渡り丁寧にご紹介くださっています。


あの冬の会期から、この秋へ。

再びこの場で展示会が行えること、嬉しいかぎりなのです。

 

INFORMATION

 

【 日々是 月花蜜 】

茶香をきき、暮らしに繋ぐ

 

「香り」を季節の情景へつなぎ、

料理として表す夕顔 藤間夕香と、

静岡で長年茶業を営む〈 茶屋すずわ 〉が

「香る」日本茶〈 月花蜜 つきはなみつ 〉を作りました。

 

茶の香味が恋しくなる秋口。

nice things.STORYにて、

月花蜜の展示会を行います。

茶葉をはじめ、

茶を淹れる時間を豊かにする

愛用の作家による「茶器」の展示販売。

会期中は、参加作家の茶器を用いて

月花蜜をじっくり味わっていただく茶会を行います。

参加作家:河合竜彦、谷井直人

 

会期:2019年10月4日(金)〜7日(月)

 

時間:11:00〜19:00

 

場所:nice things.STORY

東京都港区西麻布2-22-5 1F

 

《 夕顔 茶会のお誘い 》

夕顔が作る季節の茶菓子と共に、

参加作家の茶器で月花蜜をお愉しみいただきます。

会期:10月5日(土)・6日(日)

各日3部制 / 予約制

 

時間:

11:00〜12:00

13:00〜14:00

15:00〜16:00

※残席わずかの部が増えてまいりました

ご来場のご予定がございましたら、お早めのご予約をおすすめいたします

※茶会の席状況、ご予約方法はこちらより

 

内容:

・月花蜜 / 煎を重ね、香味の移ろいをお愉しみいただきます

・季節の茶菓子(夕顔謹製) 

 

参加費:

お一人  2000円

 

場所:

 nice things. STORY 

東京都港区西麻布2-22-5

 

月花蜜とは? 

料理を作る時「香り」という要素を最も大切にしています。

中でも「茶」というものは、香りの最たるものと感じます。

月花蜜に込めた情景は、

【 月夜の静寂に香る花。花からは、清く甘い蜜が滴る 】というもの。

花の蜜を想わせる甘味を縁取る、マスカットのような瑞々しい芳香。

とけあう日本茶の風味。

一煎目:上品さ・穏やかさ / 二煎目:豊かな馥郁

立つ香り(中国茶の持つ要素)の中に、甘味と風味(日本茶の持つ要素)が

絶妙なバランスで成り立つお茶です。

世界でただ一人の生産家さんにより作られた希少茶葉と、

手をかけて大切に作られた特別な茶葉の交わり。味わっていただけますように。

※展示会の詳細はこちらより





 

 

 

| - | - | - |
| 1/79PAGES | >>